徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/製剤学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182876
EOID
578053
Map
[2008/製剤学特論]
LastModified
2011年4月10日(日) 18:22:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 薬科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Physical Pharmacy / (日) 製剤学特論 / (読) せいざいがくとくろん
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士前期課程]
  2. 2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 植野 哲([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
    肩書 任意
    役割 必須
単位 必須 2
目的 必須

(日) 前半では,コロイド·界面化学,微小分散系及び分子間相互作用から見た製剤学の基本事項を修得する.
後半では,細胞内への高分子薬物の導入に関する基本事項を修得する.

概要 必須

(日) 前半: 生体の軟組織は蛋白質等の生体高分子と低分子との複合体であり,硬組織はヒドロキシアパタイトと低分子及び高分子との複合材料である.薬物送達系もゲル構造をとる高分子マトリックスを利用した高分子と低分子の複合系とみなせる.このような背景を意識して広い視野に立ち,微小分散系,高分子/低分子及び有機化合物/無機化合物複合体形成と相互作用について,製剤学の見地から解説する.
後半: 遺伝子治療の進展と共に細胞内へ遺伝子や,たんぱく質といった高分子物質(高分子薬物)を導入し疾病の治療を行う事が検討され,実際に行われている.細胞内への高分子薬物の導入にあたって薬物の生体膜透過が非常に重要なステップとなっている.この高分子薬物の生体膜透過について1) 遺伝子治療 2) タンパク質の様な遺伝子以外の高分子薬物の場合について解説する.

キーワード 推奨
  1. (日) 超分子複合体
  2. (日) 自己組織化
  3. (日) 粒子分散系
  4. (日) ナノ材料
  5. (日) 膜透過
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) 毎回出席を取ります.遅刻せぬよう,欠席なきように願います.

計画 必須
  1. (日) 有機·無機ナノ材料の展望 1

    内容 任意
    担当者 任意
  2. (日) 有機·無機ナノ材料の展望 2

    内容 任意
    担当者 任意
  3. (日) 粒子分散系によるナノコンポジットの創製 1

    内容 任意
    担当者 任意
  4. (日) 粒子分散系によるナノコンポジットの創製 2

    内容 任意
    担当者 任意
  5. (日) 自己組織化による有機無機超分子複合体の創製 1

    内容 任意
    担当者 任意
  6. (日) 自己組織化による有機無機超分子複合体の創製 2

    内容 任意
    担当者 任意
  7. (日) 微小分散系(微小液体粒子,微小固体粒子,微小気泡)の製剤学への応用 1

    内容 任意
    担当者 任意
  8. (日) 微小分散系(微小液体粒子,微小固体粒子,微小気泡)の製剤学への応用 2

    内容 任意
    担当者 任意
  9. (日) ウイルス性ベクターによる遺伝子治療 1

    内容 任意
    担当者 任意
  10. (日) ウイルス性ベクターによる遺伝子治療 2

    内容 任意
    担当者 任意
  11. (日) 非ウイルス性ベクターによる遺伝子治療 1

    内容 任意
    担当者 任意
  12. (日) 非ウイルス性ベクターによる遺伝子治療 2

    内容 任意
    担当者 任意
  13. (日) エンドサイトーシス経路による高分子薬物の生体膜透過

    内容 任意
    担当者 任意
  14. (日) 非エンドサイトーシス経路による高分子薬物の生体膜透過 1

    内容 任意
    担当者 任意
  15. (日) 非エンドサイトーシス経路による高分子薬物の生体膜透過 2

    内容 任意
    担当者 任意
評価 必須

(日) 出席と課題レポートの内容によって評価します.

教科書 必須
  1. (日) 講義は配布資料に基づいて行います.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 植野 哲([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
    オフィスアワー 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 平成22年度開講

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です