徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/病理解析学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182781
EOID
578138
Map
[2008/病理解析学特論]
LastModified
2011年4月10日(日) 18:34:02
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 保健科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) histopathology and pathological technology / (日) 病理解析学特論 / (読) びょうりかいせきがくとくろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 香川 典子
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 病気の原因と発生機序について細胞レベル,組織レベル,個体レベルの変化と関連させて理解できることを目的とする.

概要 必須

(日) 病気の原因と発生機序について細胞レベル,組織レベル,個体レベルの変化と関連させて理解できることを目的とした講義を行う.さらに病理組織学的検索の方法として,免疫組織化学や分子生物学的手法を用いた形態学的同定法も取りあげる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 病気の原因と発生機序について細胞レベル,組織レベル,個体レベルの変化と関連させて理解できることを目標とする.

計画 必須
  1. (日) 肉眼変化と組織学的変化

  2. (日) 組織学的変化と超微形態的変化

  3. (日) 種々の細胞障害

  4. (日) 炎症における細胞や組織の変化

  5. (日) 修復機転における細胞や組織の変化

  6. (日) 環境や栄養による細胞や組織の変化

  7. (日) 感染症における細胞や組織の変化

  8. (日) 代謝異常における細胞や組織の変化

  9. (日) 免疫組織化学の基礎

  10. (日) 免疫組織化学の応用

  11. (日) 免疫組織化学における注意点

  12. (日) In situ hybridization

  13. (日) その他の特殊技術

  14. (日) 病理形態学の限界

  15. (日) 将来の病理形態学

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 出席状況,受講態度,レポート,定期試験などを総合的に判断する.

再評価 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 香川 典子
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です