徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生涯健康支援看護学特講演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182776
EOID
577448
Map
[2008/生涯健康支援看護学特講演習]
LastModified
2011年4月10日(日) 03:24:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 保健科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 生涯健康支援看護学特講演習 / (読) しょうがいけんこうしえんかんごがくとくこうえんしゅう
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 川西 千恵美
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 關戸 啓子
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 多田 敏子
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  4. 田村 綾子
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 生涯健康支援看護学特講をふまえて,先行研究を概観し,研究課題や方法論の理解を深める.

概要 必須

(日) 生涯健康支援看護学特講をふまえて,高度に発展,多様化する対象者の健康に対するニーズに適応でき,QOLの向上に貢献できる理論や看護技術の活用方法及び保健行動を確立するための学習支援方略や支援する看護師の育成方法について現状を分析し,改善方法を検討する.さらに ,脳・神経機能障害者や手術後患者の日常生活支援及び地域において生活する人の健康を支援する制度やシステムに関する先行研究を概観し,研究課題や方法論の理解を深める.

キーワード 推奨
  1. (日) 看護
  2. 健康(health)
  3. 生活の質(quality of life)
先行科目 推奨
  1. 先端保健医療学([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/先端保健医療学])
    必要度 任意
  2. 看護学研究方法論([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/看護学研究方法論])
    必要度 任意
  3. 生涯健康支援看護学特講([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/生涯健康支援看護学特講])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 生涯健康支援看護学特講([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/生涯健康支援看護学特講])
    関連度 任意
  2. 生涯健康支援看護学特別研究([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/生涯健康支援看護学特別研究])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 高度に発展,多様化する対象者の健康に対するニーズに適応でき,QOLの向上に貢献できる理論や看護技術の活用方法を検討する(川西)

  2. (日) 高度に発展,多様化する対象者の健康に対するニーズに適応でき,QOLの向上に貢献できる理論や看護技術の活用方法を検討する(川西)

  3. (日) 高度に発展,多様化する対象者の健康に対するニーズに適応でき,QOLの向上に貢献できる理論や看護技術の活用方法を検討する(川西)

  4. (日) 高度に発展,多様化する対象者の健康に対するニーズに適応でき,QOLの向上に貢献できる理論や看護技術の活用方法を検討する(川西)

  5. (日) 保健行動を確立するための学習支援方略や支援する看護師の育成方法について現状を分析し,改善方法を検討する(関戸)

  6. (日) 保健行動を確立するための学習支援方略や支援する看護師の育成方法について現状を分析し,改善方法を検討する(関戸)

  7. (日) 保健行動を確立するための学習支援方略や支援する看護師の育成方法について現状を分析し,改善方法を検討する(関戸)

  8. (日) 保健行動を確立するための学習支援方略や支援する看護師の育成方法について現状を分析し,改善方法を検討する(関戸)

  9. (日) 地域において生活する人の健康を支援する制度やシステムに関する先行研究をレビュ-し,システムやQOL評価の改善方法を検討する(多田)

  10. (日) 地域において生活する人の健康を支援する制度やシステムに関する先行研究をレビュ-し,システムやQOL評価の改善方法を検討する(多田)

  11. (日) 地域において生活する人の健康を支援する制度やシステムに関する先行研究をレビュ-し,システムやQOL評価の改善方法を検討する(多田)

  12. (日) 地域において生活する人の健康を支援する制度やシステムに関する先行研究をレビュ-し,システムやQOL評価の改善方法を検討する(多田)

  13. (日) 脳神経機能障害患者や手術後患者の日常生活回復支援に関する先行研究を概観し,これまでの国内外の研究動向並びに今後の課題を検討し,機能障害の評価方法や回復支援方法を探求する(田村)

  14. (日) 脳神経機能障害患者や手術後患者の日常生活回復支援に関する先行研究を概観し,これまでの国内外の研究動向並びに今後の課題を検討し,機能障害の評価方法や回復支援方法を探求する(田村)

  15. (日) 脳神経機能障害患者や手術後患者の日常生活回復支援に関する先行研究を概観し,これまでの国内外の研究動向並びに今後の課題を検討し,機能障害の評価方法や回復支援方法を探求する(田村)

  16. (日) 脳神経機能障害患者や手術後患者の日常生活回復支援に関する先行研究を概観し,これまでの国内外の研究動向並びに今後の課題を検討し,機能障害の評価方法や回復支援方法を探求する(田村)

評価 必須

(日) レポートによる評価

再評価 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川西 千恵美
    オフィスアワー 任意
  2. 多田 敏子
    オフィスアワー 任意
  3. 關戸 啓子
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週水曜日,金曜日18:00∼19:00

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です