徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/回復支援看護学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182745
EOID
445931
Map
[2008/リハビリテーション看護学特論Ⅰ]
LastModified
2009年2月18日(水) 13:55:57
Operator
田村 綾子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 保健科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Advanced lihabilitation nursing / (日) 回復支援看護学特論 / (読) かいふくしえんかんごがくとくろん
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 田村 綾子
    肩書 任意
  2. 市原 多香子
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 在院日数が短縮化される動きのなかで,病気や障害により健康生活の破綻をきたし医療的治療が必要な患者の重篤化を回避するためのモニタリングや評価方法を理解するとともに,退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法が理解できる.

概要 必須

(日) 病気や障害により健康生活の破綻をきたし医療的治療が必要な患者の重篤化を回避するためのモニタリングや評価方法を理解するとともに,在院日数が短縮化されるなかで退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法·関連する理論について,解説するとともに,資料を基に討議する.

キーワード 推奨
  1. (日) 医療的治療
  2. (日) 重篤化回避
  3. (日) 中途障害
  4. (日) 回復促進・支援
  5. (日) ケア方法
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業には主体的に参加する

目標 必須
  1. (日) 在院日数が短縮化される動きのなかで,病気や障害により健康生活の破綻をきたし医療的治療が必要な患者の重篤化を回避するためのモニタリングや評価方法を理解するとともに,退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法が理解できる.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) 現代の保健・医療・福祉システムの中での入院するということ

  3. (日) 医療的治療が必要な様々な場面での患者の重篤化を回避するためのモニタリングについて討議する (その1)

  4. (日) 医療的治療が必要な様々な場面での患者の重篤化を回避するためのモニタリングについて討議する (その2)

  5. (日) 医療的治療が必要な様々な場面での患者の重篤化を回避するためのモニタリングと看護師の役割について討議する (その1)

  6. (日) 医療的治療が必要な様々な場面での患者の重篤化を回避するためのモニタリングと看護師の役割について討議する (その2)

  7. (日) 医療的治療が必要な様々な場面での生活活動の客観的な評価

  8. (日) .医療的治療が必要な様々な場面での生活活動の客観的な評価について討議する(その1)

  9. (日) .医療的治療が必要な様々な場面での生活活動の客観的な評価について討議する(その2)

  10. (日) .医療的治療が必要な様々な場面での生活活動の客観的な評価について討議する(その3)

  11. (日) .医療的治療が必要な様々な場面での生活活動の客観的な評価について討議する(その4)

  12. (日) 退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法について討議する(その1)

  13. (日) 退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法について討議する(その2)

  14. (日) 退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法について討議する(その3)

  15. (日) 退院後の生活を見据えたトータルなかかわりや回復支援のためのケア方法について討議する(その4)

  16. (日) レポート作成·まとめ

評価 必須

(日) 授業への主体的参加の程度とレポートから評価する

再評価 任意
対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 特になし

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田村 綾子
    オフィスアワー 任意
  2. 市原 多香子
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です