徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/看護倫理

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182718
EOID
462229
Map
[2008/看護倫理]
LastModified
2009年7月10日(金) 17:10:52
Operator
雄西 智惠美
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 保健科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 看護倫理 / (読) かんごりんり
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 岸田 佐智([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.母性·小児看護学講座])
    肩書 任意
  2. 多田 敏子
    肩書 任意
  3. 田村 綾子
    肩書 任意
  4. 市原 多香子
    肩書 任意
  5. 谷 洋江
    肩書 任意
  6. 松下 恭子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 1.倫理学に関する原則的概念や理論を理解し,専門看護師としての倫理的責任と役割を探求する. 2.専門看護師がそれぞれの専門分野において,倫理的な問題・葛藤を認識し,解決・調整するための能力を養う.

概要 必須

(日) 授業の概要倫理学の発展や歴史的ながれ,倫理原則や理論に対して概観し,さまざまな看護現場における倫理的問題・倫理的ジレンマについて話題提供し,その事象の分析や対応についてディスカッションを深める.また,専門看護師に必要な倫理的問題・倫理的ジレンマに対する解決・調整のための方法論を学習する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 1.Ⅰ.看護倫理の考え方と看護専門職にとっての意味1.生命倫理,医療倫理,及び看護倫理の基本的考え方(岸田)

  2. (日) 2. 2.患者の権利とインフォームドコンセント(岸田)

  3. (日) 3. 3.高度実践看護者の倫理的責任と役割(岸田)

  4. (日) 4. 4.倫理的意思決定のプロセス(岸田)

  5. (日) 5.Ⅱ.看護現場における倫理的問題・倫理的ジレンマ1.高齢者をめぐる倫理的問題・倫理的ジレンマ(多田)

  6. (日) 6. 2.脳神経障害患者をめぐる倫理的問題・倫理的ジレンマ(田村)

  7. (日) 7. 3.在宅患者をめぐる倫理的問題・倫理的ジレンマ(松下)

  8. (日) 8. 4.患児をめぐる倫理的問題・倫理的ジレンマ(谷)

  9. (日) 9. 5.侵襲的治療を受ける患者をめぐる倫理的問題・倫理的シ レンマ(市原)

  10. (日) 10.Ⅲ.専門看護師に必要な倫理調整技法1.専門看護師に期待される倫理調整(岸田)

  11. (日) 11. 2.看護実践に活用できる倫理的意志決定モデル(岸田)

  12. (日) 12. 3.意思決定モデルを用いた事例分析(模擬事例)(岸田)

  13. (日) 13. 4.インフォームドコンセントをめぐる倫理的ジレンマと調整(岸田)

  14. (日) 14. 5.生命の始期/終期をめぐる倫理的ジレンマと調整 (岸田)

  15. (日) 15. 6.苦痛緩和をめぐる倫理的ジレンマと調整(岸田)7.倫理的感性と自己の課題・まとめ(岸田)

評価 必須

(日) クラス参加度,プレゼンテーション,レポートを合わせて,総合的に評価

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 参考書や参考文献は適宜紹介する

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です