徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/微生物学1

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182178
EOID
435770
Map
[2008/微生物学1]
LastModified
2009年1月13日(火) 15:02:52
Operator
勢川 智美
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Microbiology 1 / (日) 微生物学1 / (読) びせいぶつがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 長宗 秀明([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 遺伝子工学や発酵工学に応用される微生物の種類とその一般的性質についての基礎的知識を修得する.また遺伝子工学に応用される微生物学的手法の基礎知識を得る.

概要 必須

(日) 生物工学領域では生命の仕組みを解明し利用するため,細菌,ウイルス,菌類など多くの微生物を取り扱う.従ってこれらの微生物の特徴を正しく理解することが必要となる.本講義ではこれらの微生物の性質について講義し,また微生物を利用する基本的な手技についても理解を図る.

キーワード 推奨
  1. (日) 微生物
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 応用微生物学 (applied microbiology)
    [キーワード] 微生物 (microorganism)
    [キーワード] 微生物学 (microbiology)
    [キーワード] 病原微生物 (pathogenic microorganism)
    [キーワード] 抗菌剤 (Antimicrobial agents)
  2. (日) 遺伝子工学
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 遺伝子工学 (genetic engineering)
先行科目 推奨
  1. 生化学1([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/生化学1])
    必要度 任意
  2. 生化学2([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/生化学2])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 微生物工学([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微生物工学])
    関連度 任意 1.000000
  2. 遺伝子工学([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/遺伝子工学])
    関連度 任意
  3. 微生物学2([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微生物学2])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意
注意 任意

(日) 生化学1及び2を受講しておくこと.本講義においては中間試験及び期末試験を行い総合評価の対象とするため,毎回の予習と復習を欠かさず行うこと.

目標 必須
  1. (日) 細菌の一般的な構造や特徴,また細菌の増殖の特性や遺伝学的特性を理解する. (授業計画1-8,15及び中間試験と期末試験による)

  2. (日) ウイルスや真核微生物の構造と特徴を理解する.また遺伝子工学の基礎技術を理解する. (授業計画9-15及び中間試験と期末試験による)

計画 必須
  1. (日) 微生物の構造と特徴1:細菌の一般構造とグラム陽性菌(第1,3章を予習のこと)

  2. (日) 微生物の構造と特徴2:グラム陰性菌(第3章を予習のこと)

  3. (日) 栄養と代謝(第4章を予習のこと)

  4. (日) 微生物の増殖(第5章を予習のこと)

  5. (日) 微生物の分子生物学1:DNAの複製(第6章6.1-6.6を予習のこと)

  6. (日) 微生物の分子生物学2:転写と翻訳(第6章6.7-6.13を予習のこと)

  7. (日) 酵素活性の制御の概念(第7章7.1を予習のこと),及び中間試験(到達目標1の一部評価)

  8. (日) 遺伝子発現の制御(第7章7.2-7.8を予習のこと)

  9. (日) 微生物の構造と特徴3:ウイルス(第8章を予習のこと)

  10. (日) 微生物の構造と特徴4:真核微生物(第17章を予習のこと)

  11. (日) 微生物遺伝学1:突然変異・形質転換・形質導入(第9章9.1-9.7を予習のこと)

  12. (日) 微生物遺伝学2:プラスミド・トランスポゾンなど (第9章9.8-9.10を予習のこと)

  13. (日) 遺伝子工学1:分子クローニングとベクター(第10章10.1-10.7を予習のこと)

  14. (日) 遺伝子工学2:バイオテクノロジーの基礎(第10章10.8-10.17を予習のこと),

  15. (日) 中間試験の解説とまとめ

  16. (日) 期末試験(到達目標全ての一部評価)

評価 必須

(日) 到達目標2項目の到達度は試験(中間30%,期末70%)で評価する.試験は項目毎に中間試験1回と期末試験1回を行う.2項目とも到達度60%以上かつ出席率80%以上を合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 成績評価と同じ.

JABEE関連 任意

(日) 本学科教育目標(C),(D)に対応する.

対象学生 任意 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) M.T.Madiganら著,室伏きみ子・関啓子翻訳,「Brock微生物学」,オーム社(ISBN: 4-274-02488-1)

参考資料 推奨
  1. (日) 必要に応じて講義中に紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 長宗 秀明([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です