徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生物環境工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
182005
EOID
431348
Map
[2008/生物環境工学]
LastModified
2008年12月11日(木) 22:22:34
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Environmental Bioengineering / (日) 生物環境工学 / (読) せいぶつかんきょうこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 高麗 寛紀
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 地球生態環境を保全および修復するための生物環境工学について講述する. 生態系の根幹をなすものは環境微生物であることより,生態環境制御のための環境生態学,環境微生物学,微生物制御工学および化学物質のリスクアセスメントについて最新の基礎知識,環境倫理及び環境経済を修得させる.

概要 必須

(日) 環境生態学,環境微生物学,環境微生物制御学,環境汚染,化学物質のリスクアセスメント,化学物質の環境中での動態解析,環境保全,環境修復,環境調和型微生物制御剤,環境経済及び環境倫理について講述し,生物環境工学の基礎学力の養成を図る.

キーワード 推奨
  1. (日) 生態学
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 生態学 (ecology)
  2. (日) 環境生物制御
  3. (日) 環境経済
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 環境経済学 (environmental economics)
先行科目 推奨
  1. 基礎生物工学1([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/基礎生物工学1])
    必要度 任意 1.000000
  2. 基礎生物工学2([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/基礎生物工学2])
    必要度 任意 1.000000
  3. 有機化学1([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/有機化学1])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 微生物学1([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微生物学1])
    関連度 任意 1.000000
  2. 微生物学2([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微生物学2])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 有機化学1,2および微生物学の履修を前提にして講義を行う.

注意 任意

(日) 講義の単元(1∼5,7∼9,11∼14)が終わる毎に3回のレポート及び中間試験を実施するので,毎回の予習·復習は欠かさずに行うこと.

目標 必須
  1. (日) 環境生態学を理解する.

  2. (日) 環境微生物学を理解する.

  3. (日) 環境微生物制御工学の原理と方法について理解する.

  4. (日) 環境保全工学,環境倫理及び環境経済を理解する.

計画 必須
  1. (日) 環境生態学(動物)

  2. (日) 環境生態学(植物)

  3. (日) 環境微生物の分類と役割菌

  4. (日) 環境微生物学(真菌)

  5. (日) 環境微生物学(細菌)

  6. (日) 中間試験1(到達目標1,2の40%を評価),レポート1(到達目標1,2の30%を評価)

  7. (日) 環境微生物制御工学(物理的方法)

  8. (日) 環境微生物制御工学(化学的方法)

  9. (日) 環境微生物制御工学(生物的方法)

  10. (日) 中間試験2(到達目標3の40%を評価),レポート2(到達目標3の30%を評価)

  11. (日) 環境制御汚染化学物質と制御方法

  12. (日) 環境調和型微生物制御剤の分子設計

  13. (日) 環境ホルモンと環境汚染化学物質をテーマとした環境保全工学と環境倫理

  14. (日) 環境制御方法に関する最新のトピックスと生物環境工学と環境経済との関連

  15. (日) 中間試験3(到達目標4の40%を評価),レポート3(到達目標4の30%を評価)

  16. (日) 期末試験(到達目標全ての30%を評価)

評価 必須

(日) 出席率80%以上で,到達目標4項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は中間試験3回(40%),レポート3回(30%),期末試験1回(30%)で評価する.

JABEE合格 任意

(日) 成績評価と同じ.

JABEE関連 任意

(日) 本学科教育目標(A),(C)に対応する.

対象学生 任意 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 高麗寛紀他著「微生物制御工学」講談社サイエンティフィク

参考資料 推奨
  1. (日) E. P. オダム著/三島次郎訳「オダム基礎生態学」培風館

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 高麗 寛紀
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 原則として再試験は実施しない.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です