徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/自動制御

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181943
EOID
433761
Map
[2008/自動制御]
LastModified
2008年12月19日(金) 16:35:46
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Automatic Control / (日) 自動制御 / (読) じどうせいぎょ
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 外輪 健一郎
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(英) To understand the role of automatic control in chemical processes. To learn how to analyze process dynamics using mathematical techniques such as calculus and Laplace transforms. The basic techniques to design control systems will be outlined.

(日) 自動制御が化学工場において果たす役割を理解させる.装置や制御系の動的挙動をラプラス変換などの数学的手法を利用して表現し,解析するための基礎知識を習得させる.さらに制御系設計の基礎的な考え方を理解させる.

概要 必須

(英) Automatic control is widely applied to chemical processes. It is a vitally important technique to ensure safe and cost-effective operation of chemical plants. To design a good control system, it is necessary to fully understand the dynamics of the plant. This class introduces techniques to model process dynamics using differential equations, analysis techniques using Laplace transform and some basic methods to design control systems.

(日) 自動制御技術は,一般産業機械をはじめ化学プラントの基礎技術として応用されており,自動制御なくしてはこれらプラントの満足な性能を引き出すことは出来ない.化学プラントにおいて制御をうまく活用するには,まず制御しようとする装置の特性をよく理解し,それに適した制御装置を設計せねばならない.本講義では,微分方程式による装置挙動の表現と,ラプラス変換を利用した解析,および制御系設計について解説する.

キーワード 推奨
  1. 制御(control)
  2. ラプラス変換(Laplace transform)
  3. 周波数応答(frequency response)
先行科目 推奨
  1. 微分方程式1([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微分方程式1])
    必要度 任意 1.000000
  2. 化学工学基礎([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/化学工学基礎])
    必要度 任意 1.000000
  3. 反応工学基礎([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/反応工学基礎])
    必要度 任意 0.500000
関連科目 推奨
  1. 反応工程設計([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/反応工程設計])
    関連度 任意 0.500000
要件 任意

(英) The audiences are required to have an understanding of the contents of differential equation 1.

(日) 「微分方程式1を履修していること.

注意 任意

(英) Since Laplace transform is very important in understanding automatic control, the basics of the Laplace transform will be explained in the class. If you encouter any small questions, contact the lecturer without hesitation.

(日) ラプラス変換は,この科目を理解する上で欠かせない.授業でもラプラス変換の復習を行うが,理解不足を思われる場合には積極的に質問,あるいはオフィスアワーを利用すること.

目標 必須
  1. (英) Understand the objective and basic principle of automatic control and learn basics to analyze and design control systems.

    (日) 自動制御の目的,仕組みを理解し,自動制御系を解析·設計する基礎知識を取得する

計画 必須
  1. (英) Introduction to automatic control

    (日) 自動制御とは何か?

  2. (英) Basics of process modelling

    (日) プロセスモデリング1

  3. (英) Application of process modelling

    (日) プロセスモデリング2

  4. (英) Basics of Laplace transform

    (日) ラプラス変換1

  5. (英) Properties of Laplace transforms

    (日) ラプラス変換2

  6. (英) Definition of transfer functions

    (日) 伝達関数1

  7. (英) Transfer function and dynamics

    (日) 伝達関数2

  8. (英) Block diagram

    (日) ブロック線図

  9. (英) Frequency response

    (日) 周波数応答

  10. (英) Bode diagram

    (日) ボード線図

  11. (英) Introduction to stability

    (日) 安定性1

  12. (英) Stability analysis

    (日) 安定性2

  13. (英) Bacis of control system design

    (日) 制御系設計の基礎

  14. (英) Various control techniques

    (日) いろいろな制御方法

  15. (英) Topics of automatic control

    (日) 予備日

  16. (英) Examination

    (日) 定期試験

評価 必須

(英) There is a minitest each week. Overall minitest counts sum up to 30%. The final term examination counts 70%. Students gained over 60% will pass.

(日) 小テスト30点,定期試験70点とし,合計60点以上を獲得した者を合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科学習・教育目標(B:◎),(C:○)に対応する.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (英) Soeda and Nakamizo, Jidoseigyo no kiso to enshu, Nisshin shuppan

    (日) 添田喬·中溝高好共著「自動制御の講義と演習」日新出版

参考資料 推奨
  1. (英) Appropriate materials will be introduced in the class.

    (日) 講義中に説明する.

URL 任意 http://150.59.36.202/
連絡先 推奨
  1. 外輪 健一郎
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) For better understandings, students are encouraged to learn basics of chemical engineering, chemical process engineering and process engineering and excersice 1.

    (日) 自動制御は応用学問であり,できるだけ広い知識を身につけておく必要がある.そのため「化学工学基礎」,「化学装置工学」,「プロセス工学1及び演習」は履修しておくことが望ましい.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です