徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/応用プログラミング

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181470
EOID
431047
Map
[2008/応用プログラミング]
LastModified
2008年12月11日(木) 22:19:08
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Advanced Programming / (日) 応用プログラミング / (読) おうようぷろぐらみんぐ
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) C言語プログラミング技法に関する講義と電気電子工学科に設置の情報処理実習室のコンピュータを用いた演習を行い,C言語を用いた応用プログラムの作成できる技法の習得を目指す.

概要 必須

(日) まず,電気電子工学科学生用に設置されたコンピュータの利用法について講義する.その後にC言語を用いた応用なプログラムを書くためのプログラミング技法について講義すると共に,その技法を用いて本学科に設置のコンピュータを使って電気電子工学分野の代表的な諸問題を解くプログラムを作成し実行させ,その結果をグラフ化し,さらにレポート作成を行う.

キーワード 推奨
  1. プログラミング技法(programming technique)
  2. C言語(C language/->キーワード[C言語])
先行科目 推奨
  1. コンピュータ入門1([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/コンピュータ入門1])
    必要度 任意 1.000000
  2. コンピュータ入門2([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/コンピュータ入門2])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. データ構造とアルゴリズム1([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/データ構造とアルゴリズム1])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) コンピュータ入門1,コンピュータ入門2は必ず受講しておくこと.

注意 任意

(日) 本授業は,C言語を用いてプログラムを作成するために身につけておかなければならないプログラミング技法に関するものであるので,必ず受講しておくことが望ましい.また,毎回の授業の内容が関連するので,休まずに受講して欲しい.実習室は自由に使用できるので,課外時間でも十分に活用してプログラミングを楽しんでほしい.

目標 必須
  1. (日) C言語のプログラミング技法を修得している.

  2. (日) 計算結果のグラフ化とレポート作成ができる.

  3. (日) 電気電子工学の代表的な諸問題を解くプログラムが記述できる.

計画 必須
  1. (日) 実習システムの使い方

  2. (日) エディタの使い方;テキストの入力と修正

  3. (日) プログラミングの基本

  4. (日) プログラミング開発技法

  5. (日) ファイルとの入出力

  6. (日) グラフ作成法

  7. (日) レポート作成;文書整形ツール

  8. (日) 中間試験(筆記試験;到達目標 1, 2 の評価)

  9. (日) 方程式の解法

  10. (日) 基本統計量の導出

  11. (日) 相関係数,回帰方程式の導出

  12. (日) 数値積分

  13. (日) 行列演算

  14. (日) 連立方程式の解法

  15. (日) 最小二乗法による近似

  16. (日) 期末試験(実技試験;到達目標 3 の評価)

評価 必須

(日) 到達目標の3項目が各々達成されているかを試験80%,平常点(実習状況や出席状況)20%で評価し,3項目平均で60%以上あれば合格とする.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 講義の最初に配布するプリントを使用する.

参考資料 推奨
  1. (日) 阿曽弘具ほか共著「UNIXとC」近代科学社

  2. (日) 佐藤次男,C言語による電気·電子工学問題の解法

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です