徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Paulino Niraldo/Abreu Sheila Rago Lemos/[宇都 義浩]/小山 大輔/[永澤 秀子]/[堀 均]/Dirsch M. Verena/Vollmar M. Angelika/Scremin Amarilis/Bretz A. Walter/Anti-inflammatory effects of a bioavailable compound, Artepillin C, in Brazilian propolis/[European Journal of Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181446
EOID
664681
Map
0
LastModified
2012年10月11日(木) 19:09:34
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Paulino Niraldo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Abreu Sheila Rago Lemos
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Koyama Daisuke / (日) 小山 大輔 / (読) こやま だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小山 大輔 (Koyama Daisuke) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《小山 大輔 () @ 工学部 [学部学生] 2001年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 永澤 秀子(岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Dirsch M. Verena
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Vollmar M. Angelika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Scremin Amarilis
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Bretz A. Walter
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Anti-inflammatory effects of a bioavailable compound, Artepillin C, in Brazilian propolis

副題 任意
要約 任意

(英) Artepillin C is the major compound in the Brazilian green propolis from Baccharis dracunculifolia. Our aim in this study was to investigate the anti-inflammatory effects, absorption, and bioavailability of Artepillin C in mice. The animals used were male Swiss mice subjected to: paw oedema by carrageenan (300 μg/paw), carrageenan-induced peritonitis, and prostaglandin E2 determination. We also measured in vitro nitric oxide production by RAW 264.7 cells and NF-κB activity in HEK 293 cells. Finally, we measured the absorption and bioavailability of Artepillin C in plasma from mice by means of GC-MS after a single oral dose (10 mg/kg). In vivo, Artepillin C produced a maximal inhibition of 38% after 360 min on paw oedema. Artepillin C also decreased the number of neutrophils during peritonitis (IC50: 0.9 (0.5 1.4) mg/kg). Treatment with Artepillin C decreased prostaglandin E2 by 29 ± 3% and 58 ± 5% at 1 and 10 mg/kg, respectively, with a mean ID50 of 8.5 (8.0 8.7)mg/kg). Similarly, in in vitro models, Artepillin C (3, 10, or 100 μM) decreased nitric oxide production by RAW 264.7 cells with a mean IC50 of 8.5 (7.8 9.2) μM. In HEK 293 cells, Artepillin C reduced NF-κB activity with a mean IC50 of 26 (22 30) μg/ml), suggesting anti-inflammatory activity, particularly during acute inflammation. Lastly, Artepillin C was absorbed after an oral dose (10 mg/kg) with maximal peaks found at 1 h (22 μg/ml). Collectively, Artepillin C showed anti-inflammatory effects mediated, at least in part, by prostaglandin E2 and nitric oxide inhibition through NF-κB modulation, and exhibited bioavailability by oral administration.

キーワード 推奨
  1. (英) Artepillin C
  2. (英) Propolis
  3. (英) Inflammation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 炎症 (inflammation)
  4. (英) NF-κB
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] nuclear factor κB (nuclear factor κB)
  5. (英) Prostaglandin E2
  6. (英) Nitric oxide
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 一酸化窒素 (nitric oxide)
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 European Journal of Pharmacology([Elsevier])
(pISSN: 0014-2999, eISSN: 1879-0712)
ISSN 任意 0014-2999
ISSN: 0014-2999 (pISSN: 0014-2999, eISSN: 1879-0712)
Title: European journal of pharmacology
Title(ISO): Eur. J. Pharmacol.
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 587
必須 1-3
必須 296 301
都市 任意
年月日 必須 2008年 2月 29日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.ejphar.2008.02.067    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18474366    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Programa de Pós-graduação em Farmácia, Universidade Bandeirante de São Paulo, São Paulo, Brazil. niraldop@yahoo.com.br

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't