徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/歴史と文化/沖縄社会文化論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181339
EOID
496754
Map
0
LastModified
2009年12月27日(日) 16:01:37
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) History and Culture / (日) 歴史と文化 / (読) れきしとぶんか
題目 必須 (英) Okinawan Society and Culture / (日) 沖縄社会文化論
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) これまで沖縄の文化·社会は,日本との関わりにおいて言及されることが多かった.しかし沖縄は古くから日本のみならず,より広大な東アジア·東南アジア世界と結び付きを持ち,それらの地域との密接な交流のなかで,独自の社会·文化·民俗を作り上げていったのである.本講義では,従来の「日本文化と沖縄文化」という視点にとどまらず,「アジアの中の沖縄」(さらには「世界の中の沖縄」)というより広い視点から,現代の沖縄の文化·社会の姿を見つめ直してみたいと考えている.また,沖縄という一地域の事例を通して「文化人類学的なものの見方」に対する理解を深めることも,本授業の大きな目的の一つである.

概要 必須

(日) 毎回,祭り,音楽,食文化など具体的なトピックを取り上げつつ,「アジアの中の沖縄」(さらには「世界の中の沖縄」)という視点から,沖縄の文化と社会の基層構造(沖縄文化·沖縄社会の本質)を解明していく.

キーワード 推奨
  1. 沖縄(Okinawa)
  2. 文化(culture)
  3. アジア(Asia)
  4. 文化人類学(cultural anthropology)
  5. 民俗学(folklore)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 歴史と文化/異文化/自文化研究へのいざない([2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 受講者の理解を助けるため,授業の中ではDVD,CD,パワーポイントによるプレゼンテーションなどの視聴覚教材を多用する.フィールドワークを「疑似体験」しながら,文化現象の意味について考えてもらいたい.

目標 必須
  1. (日) 沖縄の文化·社会の持つ特質を,文化人類学的な概念·理論をふまえながら理解することができる.

計画 必須
  1. (日) はじめに-沖縄文化·社会をとらえる視点

  2. (日) 「海上の道」は時空を超えて-沖縄の自然·歴史と文化

  3. (日) 祖霊が見守るシマ-沖縄の村落構造と世界観

  4. (日) 墓を生きる人々-沖縄の家族·親族と祖先崇拝

  5. (日) ニライカナイ(海上他界)と仮面来訪神-沖縄の祭りと芸能

  6. (日) 神になった女性-沖縄の女性祭司の世界

  7. (日) 琉球音階は黒潮に乗って-伝統音楽から沖縄ポップスまで

  8. (日) ウチナンチュ(沖縄人)の見た沖縄-沖縄映画の世界

  9. (日) 創り出される「ちゃんぷるー文化」-沖縄の地域イメージと観光文化の展開

  10. (日) 食のクロスロード-沖縄の食文化にみる外来文化の影響

  11. (日) 環東シナ海の文化交流-沖縄における中国的習俗

  12. (日) 「沖縄」を踊る-在阪沖縄人社会の「エイサー」をめぐって

  13. (日) 中国文化を生きる-石垣島の華僑社会の事例より

  14. (日) 東アジア世界へのひろがり-沖縄の風水

  15. (日) レポート提出

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) 本授業の成績評価は,授業への取り組み状況,授業時間中に随時行う小テスト(各回の授業内容の理解度を確認する簡単なテスト)の点数,期末レポートの点数を総合して行う.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用しない.毎回,授業中にプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 以下に挙げる概論·入門的な参考書のほか,個々のトピックに関する参考書については,講義の中で随時紹介する.

  2. (日) 外間守善『沖縄の歴史と文化』中公新書,1986年

  3. (日) 赤嶺政信『沖縄の神と食の文化』青春出版社,2003年

  4. (日) 多田治『沖縄イメージの誕生』東洋経済新報社,2004年

  5. (日) 渡邊欣雄『世界のなかの沖縄文化』沖縄タイムス社,1993年

  6. (日) 『アジア遊学』53号(特集=沖縄文化の創造)勉誠出版,2003年

  7. (日) 嘉手川学編『沖縄チャンプルー事典』山と渓谷社,2001年

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 後期 水曜日 12時∼13時 高橋研究室(総合科学部1号館3階)

科目コード 推奨
備考 任意