徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/人間と生命/声に出して読みたい教育哲学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181278
EOID
437359
Map
0
LastModified
2009年1月17日(土) 16:07:13
Operator
弘田 陽介
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) The Lecture of Reading aloud the Educational Philosophy / (日) 声に出して読みたい教育哲学 / (読) こえにだしてよみたいきょういくてつがく
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 弘田 陽介
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 歴史的に<教育哲学>と呼ばれる営みは,「生きている実感」を言葉で伝えることを根本的な課題としてきた.教育を語る哲学者・思想家は,ただ文字においてその言葉を記すのみならず,大人や子供,そしてまだ見ぬ人々に理論にならざる「熱」のようなものを伴って語っているように思われる.本授業では,理論的には矛盾を孕むような教育や人間の変容を語る言葉を特に選び,それを参加者と一緒に朗読し,読みの集注を深めていくという形の新しいスタイルの授業を行いたい.

概要 必須

(日) 授業の前半は,近代的な読書<黙読>という様式によって,ほとんど学問的世界からは失われてしまった<朗読>という営みのあり方を歴史的にたどる.かつての人々が感じていたような「テクストの経験」といったものを想像することからこの授業を始めてみたい.それ以降は,実際に読めば読むほど深みが出てくるようなテクストを,担当者を毎回決めて朗読することによって,単なる一義的な意味による読解ではなく,意味の衝突が生み出していくような集注経験を味わっていきたい.

キーワード 推奨
  1. (日) 朗読
  2. (日) 教育哲学
  3. (日) テクスト
  4. (日) 経験
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業内で毎回,担当者を決めて朗読を行います.前もっての準備は大変かもしれませんが,本を読むという根本的な学問的営みに変化が出てくることを期待します.恥ずかしがらないでやっていきましょう.

目標 必須
  1. (日) 教育および哲学の古典文献を丁寧に朗読していくことを目標とする.もちろん文節や意味の区切りなど正確に発声することはもちろんであるが,それだけではなく,文章を通して,それが生み出していく集注の世界を経験することが最大の眼目である.

計画 必須
  1. (日) イントロダクション

  2. (日) 読書という経験ー 近代の読書の特性

  3. (日) 読書という経験ー 西洋中世および日本近世の読書

  4. (日) 読書という経験ー その集注経験

  5. (日) 子どもの絵本を読む

  6. (日) 童話を読む

  7. (日) 教育を語る言葉を読む

  8. (日) 宗教を語る言葉を読む

  9. (日) 美を語る言葉を読む

  10. (日) 日本の古典を読むー 世阿弥

  11. (日) 日本の古典を読むー 芭蕉

  12. (日) 日本近代の名文を読む 森有正

  13. (日) 翻訳文読み比べ ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

  14. (日) 英語およびドイツ語文献の朗読

  15. (日) レポートの発表と提出

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 小発表など授業への取り組みを評価(60点).学期末レポート(40点).

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) プリントとして授業中に配布

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 弘田 陽介
    オフィスアワー 任意

    (日) Eメールアドレス byu00616@nifty.com

科目コード 推奨
備考 任意