徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/人間と生命/知の探求と現代

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181272
EOID
498162
Map
0
LastModified
2009年12月29日(火) 18:30:09
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) Exploration of Knowledge / (日) 知の探求と現代
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 石田 三千雄
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 人類は地球温暖化による危機に直面しながら,それに対する有効な対策をいまだ打ち出せないでいる.今日の地球環境危機は現在までの人類の繁栄の裏返しである.いまや人間と自然との新しい関係を打ち立てなければならない.この授業は地球環境問題を哲学的に考えるために「人類はどのような立場に立たねばならないか」という根源的な問いに答えることを目指す.

概要 必須

(日) 現代の環境問題に対処するためには,人間が自然をどのように考えてきたかを思想的に明らかにすることが必要である.そのために,この授業では近代自然科学によって人間が自然支配を企ててきたこと,しかし人間は単に自然支配のみを求めたのではなく,自然の中に人間を位置づけ,自然と調和する思想も育んできたこと,そして今や人間と自然との新たな関係を構築すべきときにきていることを論じる.

キーワード 推奨
  1. 環境(environment)
  2. (日) 自然観 / (読) しぜんかん
  3. 環境倫理(environmental ethics)
先行科目 推奨
  1. 人間と生命/認知哲学([2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 環境問題を考える基礎的視野を養ってください.質問等は,メールでも受け付けます.

目標 必須
  1. (日) 現代の環境問題の根底にある思想的背景を理解し,広く哲学的・倫理学的に人間と自然との関係を考える.

計画 必須
  1. (日) はじめに―授業全体の説明

  2. (日) 近代自然科学と人間の自然支配(1)

  3. (日) 近代自然科学と人間の自然支配(2)

  4. (日) 近代自然科学とディープ・エコロジー

  5. (日) ディープ・エコロジーの問題点

  6. (日) アメリカ文学に現れた環境思想の系譜

  7. (日) ヘンリー・ソローの自然観

  8. (日) カントの自然観と環境問題

  9. (日) スピノザの自然観

  10. (日) シェリングの自然観

  11. (日) ドイツの実践的自然哲学

  12. (日) マイヤー・アービッヒの環境倫理

  13. (日) ジープの具体倫理学

  14. (日) 具体倫理学としての自然倫理学

  15. (日) 終わりに

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 学期末試験及び出席状況により総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 再試験有り

教科書 必須
  1. (日) 山内・手代木・岡本他 『環境倫理の新展開』 ナカニシヤ出版,2007年,1995円

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 石田 三千雄
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日13∼14時 石田研究室(総合科学部1号館3階)

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業計画は一部変更があるかもしれません.