徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/人間と生命/動物の生活の科学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181251
EOID
437497
Map
0
LastModified
2009年1月19日(月) 11:13:04
Operator
中鉢 龍一郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) Animal Ecology / (日) 動物の生活の科学
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 中鉢 龍一郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 動物の中には,人間の目から見ると大変奇妙な生活を送るものがあり,その生活様式は極めて多様である.しかし全ての動物の生活で起こる現象には,共通の法則が認められ,法則の中には最も高等な動物である人間にも当てはまるものが少なくない.人間は文明生活を送っているために,野生の動物とは全く違う法則に支配されているかのように錯覚することがあるが,これは正しくない.この講義では,動物の生活で起こる現象を,主に密度変動を通して捉えることによって,現象の背後にある法則を学び,更にどのような法則が人間にも当てはまるのか考える.

概要 必須

(日) 動物の出産数は種によって異なるが,世代当りの増殖率の平均値は,どの種でも大体1である.このことは,充分広い地域における動物の密度が,一定のレベルを中心として変動していることから知られた.人間の場合にも,文明の停滞期だけに限ると,密度変動は動物と同様であったと推測されている.そこで前半では,主にこのような密度変動の理由を増殖率の決定要因の作用に基づいて説明し,後半ではこの理由と関連付けて動物の生活で起こる現象について解説する.また,原則として毎回の講義の最後に,動物と人間の生活の類似点や相違点を検討する.

キーワード 推奨
  1. (日) 動物の生活
  2. (日) 密度変動
  3. (日) 捕食
  4. (日) 競争
  5. (日) 動物と人間
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) まめにノートをとっていれば,試験勉強のときに楽であるし,良い成績も期待できます.

目標 必須
  1. (日) 動物の生活に関するテレビ番組などを見た時に,少し穿った解釈ができるようになる.

計画 必須
  1. (日) 序論

  2. (日) 1,性選択

  3. (日) 2,増殖

  4. (日) (1)進化段階と生存率

  5. (日) (2)出産数

  6. (日) 3,密度変動機構

  7. (日) (1)密度変動の原因

  8. (日) (2)密度調節

  9. (日) (3)周期的大発生

  10. (日) 4,分布

  11. (日) 5,種間競争

  12. (日) (1)競争による全滅

  13. (日) (2)すみわけと食いわけ

  14. (日) 6,捕食

  15. (日) (1)捕食に対する防御

  16. (日) (2)食物選択

  17. (日) 7,食物連鎖とエネルギー流

  18. (日) 8,種の絶滅

  19. (日) 期末試験

  20. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 期末試験と宿題に基づいて評価するが,出席状況も考慮することがある.

再評価 必須

(日) 有

教科書 必須
  1. (日) 毎回プリントを配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 中鉢 龍一郎
    オフィスアワー 任意

    (日) 特に設けないので,何時来室しても良い. 集団生物学研究室(総合科学部1号館1階)

科目コード 推奨
備考 任意