徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生活と社会/変革の理論の諸類型

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
181074
EOID
494530
Map
0
LastModified
2009年12月19日(土) 17:49:43
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Types of the Theories on the Revolution / (日) 変革の理論の諸類型 / (読) へんかくのりろんのしょるいけい
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 吉田 浩
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 変革の理論というものは,既存の社会を固定的,硬直的に捉えるのではなくて,それを乗り越えて,新たな可能性のある社会,新しい展望を切り開く社会の創造をめざすものであって,それだけに変革の理論というものは我々にとり魅力があり,興味の尽きないものである.しかしながら現実には様々の類型の変革の理論が存在しており,人々を盲動に導きかねないような理論もある.様々の変革の諸理論を比較・対照して検討しながら,どの変革の理論が多くの人々に展望と希望を与えるものであるかを考えていく.

概要 必須

(日) M・ウェーバーの「カリスマ革命論」,そして「外部からの革命論」と,マルクスが『資本論』で展開している変革の理論とを比較・対照させていきたいのだが,そのためにもシュムペーターの「創造的破壊」といういま一つの変革の理論を両者の間に導入して,それぞれの変革の理論の特徴と問題点,またどの変革の理論が将来に対して確実で切実な展望を与えるものであるかを考察していく.

キーワード 推奨
  1. (日) カリスマ革命
  2. (日) 外部からの革命
  3. (日) 創造的破壊
  4. (日) 生産革命
  5. (日) 弁証法
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 少々難解でも,旺盛な知的関心をもってくらいついてくる学生諸君を歓迎する.

目標 必須
  1. (日) 変革の理論といっても,人々を盲動に導きかねない危険な理論もあるし,多くの人々に力強い展望と希望を与える理論もある.科学はこの点の区別をいかになしえるか,このことを学ぶ.

計画 必須
  1. (日) 初めに

  2. (日) 三類の変革理論の同一性と差異性(一)

  3. (日) 同上

  4. (日) 三類の変革理論の同一性と差異性(二)

  5. (日) 同上

  6. (日) シュムペーターにおける「一定条件に制約された経済の循環」

  7. (日) 同上

  8. (日) シュムペーターにおける「革新の経済学」

  9. (日) 同上

  10. (日) ウェーバーにおける「内部からの革命」としてのカリスマ革命論

  11. (日) 同上

  12. (日) ウェーバーにおける「外部からの革命」と利潤問題

  13. (日) マルクスにおける変革理論

  14. (日) 同上

  15. (日) 試験

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 試験と講義内容に対する疑問,問題点を指摘する小レポートとによって総合的に評価する.疑問,問題点の指摘に対しては講義で答える

再評価 必須

(日) 可

教科書 必須
  1. (日) 吉田浩著『ウェーバーの社会理論と意味・価値問題』(晃洋書房2007)の第4章.ただし本書は高価(3300円+税)であるので,購買できない者にはコピーをわたす.

参考資料 推奨
  1. (日) 吉田浩著『ウェーバーとヘーゲル,マルクス』(文理閣,2005年)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 吉田浩(2240,088-656-7198,メールアト レスyoshida@ias.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日12時∼13時,吉田浩研究室(総合科学部1号館南棟2階)

科目コード 推奨
備考 任意