徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/基礎化学/基礎化学Ⅲ・細胞生物化学の基礎

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
180864
EOID
498278
Map
0
LastModified
2009年12月29日(火) 20:14:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Basic Chemistry / (日) 基礎化学 / (読) きそかがく
題目 必須 (英) Basic Molecular Cell Biology / (日) 基礎化学Ⅲ・細胞生物化学の基礎
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 山﨑 尚志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 薬学など,生命科学を主体とした学問領域を専攻するにあたって必要と思われる生物化学の基礎,とりわけ生命現象を司る最小単位である細胞を構成する分子の構造とそれらの機能を中心に講義を進めます.

概要 必須

(日) 細胞は様々な分子によって形作られ,それらの働きによって生命活動を営んでいます.本講義では代表的な生体分子(糖,脂質,タンパク質,核酸)の構造を中心に,生体分子同士の関わり合いや細胞内小器官の役割などについて説明します.

キーワード 推奨
  1. 細胞生物学(cell biology)
  2. 生物物理化学(biophysical chemistry)
  3. 生化学(biochemistry)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 高校までに学んだ化学や生物の復習的な内容を中心としますが,それに関連する細かい事項も説明する予定です.比較的広範囲に及びますが,「生物化学の基礎」ですので講義中に理解する,あるいは頭の片隅に入れるように心がけて下さい.その日のうちに復習したり,ノートをまとめることを推奨します.

目標 必須
  1. (日) 生物学や化学の基礎知識を持ち,自分で教科書を読み進める能力の育成を目指します.

  2. (日) 生化学や生物物理化学に関連した学部専門講義をスムーズに理解できるようにすることを目指します.

計画 必須
  1. (日) 講義を開始するにあたって

  2. (日) 原子の構造

  3. (日) 原子や分子の相互作用

  4. (日) 水の性質・細胞内での水の役割

  5. (日) 細胞の構成・生体膜

  6. (日) 糖1・生体分子の立体構造

  7. (日) 糖2

  8. (日) 脂質

  9. (日) アミノ酸

  10. (日) ペプチド・タンパク質

  11. (日) 核酸1

  12. (日) 核酸2

  13. (日) 酵素・補酵素・ビタミン

  14. (日) 酵素反応・化学反応

  15. (日) まとめ

評価 必須

(日) 基本的に毎回出席を取ります.規定の出席回数を満たした人に定期試験の受験資格を与えます.ただし成績は定期試験の点数のみで評価し,出席回数は考慮しません.小テストやレポートを課す場合はそれらも評価の対象とします.

再評価 必須

(日) 再試験有り

対象学生 不用

(日) (薬1年)

教科書 必須
  1. (日) スライドを使用して説明を行いますので,スライドの縮小コピーを毎回配布します.

参考資料 推奨
  1. (日) 自習・復習用に比較的安価でコンパクトにまとめられている共立出版「生体分子化学」秋久俊博・長田洋子編をお勧めします. これ以外に,学部専門講義で使用する教科書も参考書として使って下さい.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 山﨑 尚志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意