徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [辻 明彦]/Kikuchi Yayoi/Ogawa Kentaro/Saika Hiroko/[湯浅 恵造]/[長浜 正巳]/Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus/[The FEBS Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
180235
EOID
664741
Map
0
LastModified
2012年10月11日(木) 21:49:58
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
辻 明彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 生命情報工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 辻 明彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kikuchi Yayoi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《菊池 弥生 (Kikuchi Yayoi) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Ogawa Kentaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小川 健太郎 (Ogawa Kentaro) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Saika Hiroko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《雜賀 裕子 (Saika Hiroko) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《雜賀 裕子 (Saika Hiroko) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 湯浅 恵造([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 長浜 正巳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus

副題 任意
要約 任意

(英) Plant cathepsin B-like cysteine protease (CBCP) plays a role in disease resistance and in protein remobilization during germination. The ability of animal cathepsin B to function as a dipeptidyl carboxypeptidase has been attributed to the presence of a dihistidine (His110-His111) motif in the occluding loop, which represents a unique structure of cathepsin B. However, a dihistidine motif is not present in the predicted sequence of the occluding loop of plant CBCP, as determined from cDNA sequence analysis, and the loop is shorter. In an effort to investigate the enzymatic properties of plant CBCP, which possesses the unusual occluding loop, we have purified CBCP from the cotyledons of daikon radish (Raphanus sativus) by chromatography through Sephacryl S-200, DEAE-cellulose, hydroxyapatite and organomercurial-Sepharose. The molecular mass of the enzyme was estimated to be 28 kDa by SDS/PAGE under reducing conditions. The best synthetic substrate for CBCP was t-butyloxycarbonyl Leu-Arg-Arg-4-methylcoumaryl 7-amide, as is the case with human cathepsin B. However, the endopeptidase activity of CBCP towards glucagon and adrenocorticotropic hormone showed broad cleavage specificity. Human cathepsin B preferentially cleaves model peptides via its dipeptidyl carboxypeptidase activity, whereas daikon CBCP displays both endopeptidase and exopeptidase activities. In addition, CBCP was found to display carboxymonopeptidase activity against the substrate o-aminobenzoyl-Phe-Arg-Phe(4-NO(2)). Daikon CBCP is less sensitive (1/7000) to CA-074 than human cathepsin B. Expression analysis of CBCP at the protein and RNA levels indicated that daikon CBCP activity in cotyledons is regulated by post-transcriptional events during germination.

キーワード 推奨
  1. (英) Cathepsin B
  2. (英) Chromatography
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] クロマトグラフィ (chromatography)
  3. (英) Cotyledon
  4. (英) Cysteine Endopeptidases
  5. (英) Gene Expression Regulation, Plant
  6. (英) Germination
  7. (英) Humans
  8. (英) Molecular Weight
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 分子量 (molecular weight)
  9. (英) Plant Proteins
  10. (英) RNA, Messenger
  11. (英) Raphanus
  12. (英) Substrate Specificity
発行所 推奨
誌名 必須 The FEBS Journal([Federation of European Biochemical Societies])
(pISSN: 1742-464X, eISSN: 1742-4658)
ISSN 任意 1742-4658
ISSN: 1742-464X (pISSN: 1742-464X, eISSN: 1742-4658)
Title: The FEBS journal
Title(ISO): FEBS J.
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 275
必須 21
必須 5429 5443
都市 任意
年月日 必須 2008年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/j.1742-4658.2008.06674.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18959767    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Biological Science and Technology, University of Tokushima Graduate School, Japan. tsuji@bio.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article