徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [嵯峨山 和美]/[金西 計英]/[松浦 健二]/[久米 健司]/[三好 康夫]/[湊 純子]/[矢野 米雄]/Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior/Proceedings of ICCE2008

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
179861
EOID
477338
Map
0
LastModified
2009年11月10日(火) 15:44:25
Operator
山田 美緒
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松浦 健二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.uラーニングセンター(2005年10月1日〜2011年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  3. 徳島大学.高度情報化基盤センター(2002年4月1日〜2010年6月30日)
  4. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座
著者 必須
  1. 嵯峨山 和美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 金西 計英([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松浦 健二([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 久米 健司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 三好 康夫([高知大学.理学部.応用理学科.情報科学コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 湊 純子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 矢野 米雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior

副題 任意
要約 任意

(英) Recently, Social Networking Services (SNSs) have been used to support interactions among university students by building new human relations at Universities. We started a Campus SNS for supporting students of the Department of Engineering at the University of Tokushima on 23 January, 2007. This paper describes characteristics and the efficacy by the online behavior of students on Campus SNS for supporting university students by analyzing extracted log data. Furthermore, we introduce SNS characteristics at the university from the registered profile, change of use situation, the user function, and cases developed through a diary in the real world. These results indicate that university students are more apt to provide close communications, particularly among friends. It is necessary to pose clear targets and to show a model structured for university students on Campus SNS.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) APSCE
誌名 必須 (英) Proceedings of ICCE2008
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 581 586
都市 必須 台北(Taipei/[台湾])
年月日 必須 2008年 10月 24日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意