徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tada Kaori/Saito Kensuke/[後藤 優樹]/[玉井 伸岳]/[松木 均]/[金品 昌志]/High-pressure study on bilayer phase behavior of oleoylmyristoyl- and myristoyloleoyl-phosphatidylcholines/[Biophysical Chemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
178676
EOID
664141
Map
0
LastModified
2012年10月9日(火) 20:04:06
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松木 均
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. (英) Tada Kaori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《多田 佳織 (Tada Kaori) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2009年3月》
    《多田 かおり (Tada Kaori) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Saito Kensuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《齊藤 謙介 (Saito Kensuke) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 後藤 優樹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 玉井 伸岳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意

    (日) 計画,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 金品 昌志
    役割 任意

    (日) 計画,解析,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) High-pressure study on bilayer phase behavior of oleoylmyristoyl- and myristoyloleoyl-phosphatidylcholines

副題 任意
要約 任意

(英) We investigated the thermotropic and barotropic bilayer phase behavior of 1-myristoyl-2-oleoyl-sn-glycero-3-phosphocholine (MOPC) and 1-oleoyl-2-myristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine (OMPC) by means of the differential scanning calorimetry (DSC) and high-pressure light-transmittance technique. Water could be used as a solvent for measurements at high pressures because of the elevation of the transition temperatures above 0 degrees C by pressurization, whereas aqueous 50 wt.% ethylene glycol solution was used mainly for those at low pressures. Only one phase transition was observed in the DSC thermogram of the MOPC bilayer membrane as an endothermic peak, and also observed at high pressures as an abrupt change of the light-transmittance. The transition was assigned as a main transition between the lamellar gel (L(beta)) and liquid-crystalline (L(alpha)) phases on the basis of the values of enthalpy change (DeltaH) and slope of the transition temperature with respect to pressure (dT/dP). The DSC thermogram of the OMPC bilayer membrane similarly showed a single endothermic peak but two kinds of phase transitions were observed at different temperatures in the light-transmittance profile at high pressures. The extrapolation of the lower-temperature transition in the high-pressure range to an ambient pressure coincided with the transition observed in the DSC thermogram. This transition was identified as a transition between the lamellar crystal (L(c)) and L(alpha) (or L(beta)) phases from the DeltaH and dT/dP values. The higher-temperature transition, appearing only at high pressures, was identified as the L(beta)/L(alpha) transition considering the topological resemblance of its temperature-pressure phase diagram as that of the dioleoylphosphatidylcholine bilayer membrane. The phase diagram of the OMPC bilayer membrane demonstrated that the L(beta) phase cannot exist at pressures below ca. 190 MPa while it can exist stably in a finite temperature range at pressures above the pressure.

キーワード 推奨
  1. (英) Calorimetry, Differential Scanning
  2. (英) Lipid Bilayers
  3. (英) Phase Transition
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 相転移 (phase transition)
  4. (英) Phosphatidylcholines
  5. (英) Pressure
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 圧力 (pressure)
    [キーワード] 血圧 (blood pressure)
    [キーワード] 高圧力 (high pressure)
    [キーワード] 静水圧 (hydrostatic pressure)
  6. (英) Temperature
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 温度 (temperature)
    [キーワード] 高温超伝導体 (high temperature superconductor)
    [キーワード] 熱力学的絶対温度 (thermodynamical absolute temperature)
  7. (英) Thermodynamics
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 熱力学 (thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第1法則 (first law of thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第2法則 (second law of thermodynamics)
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Biophysical Chemistry([Elsevier Science])
(pISSN: 0301-4622, eISSN: 1873-4200)
ISSN 任意 1873-4200
ISSN: 0301-4622 (pISSN: 0301-4622, eISSN: 1873-4200)
Title: Biophysical chemistry
Title(ISO): Biophys Chem
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 138
必須 1-2
必須 36 41
都市 任意
年月日 必須 2008年 11月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.bpc.2008.08.009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18804320    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Biological Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjima-cho, Tokushima 770-8506, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article