徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [植野 哲]/[嶋林 三郎]/カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過/第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
178339
EOID
473490
Map
0
LastModified
2009年10月27日(火) 15:49:26
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
植野 哲
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体情報薬科学部門.分子情報薬学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 植野 哲([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 嶋林 三郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Permeation of a complex of cationic polypeptide with hydroxyapatite nanoparticle through a lipid bilayer membrane

(日) カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過

副題 任意
要約 任意

(英) The study on the title was done. The mechanism was discussed on the basis of the data of Zeta-potential and fluorescence spectra, and on the observation data obtained by means of a confocul microscope.

(日) 表記膜透過の機構をゼータ電位測定,蛍光分光測定等の測定結果から検討し,また膜透過現象を共焦点レーザー顕微鏡によって観察した.

キーワード 推奨
  1. (英) complex between cationic polypeptide and hydroxyapatite nanopa-ticle / (日) カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体
  2. (英) membrane permeation / (日) 膜透過
  3. (英) lliposome / (日) リポソーム
発行所 推奨 (英) Japanese Association of Inorganic Phosohorus Chemistry / (日) 日本無機リン化学会
誌名 必須 (日) 第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良)
ISSN 任意
必須 18
必須 1
必須
都市 必須 奈良(Nara/[日本国])
年月日 必須 2008年 10月 7日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意