徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

研究活動: [社会科学講座]/山村 亜紀/[平井 松午]/小野 正敏/仁木 宏

ヘルプを読む

「研究活動」(研究補助を受けた研究活動)は,研究補助金の交付を受けた研究活動を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
178174
EOID
421891
Map
0
LastModified
2008年9月12日(金) 20:01:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
平井 松午
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
組織 推奨
  1. 社会科学講座(2003年4月1日〜2009年3月31日)
研究者 必須
  1. (日) 山村 亜紀
  2. 平井 松午
  3. (日) 小野 正敏
  4. (日) 仁木 宏
種別 必須
  1. 国内
出資団体 必須 財団法人 国土地理協会
予算名 必須 (日) 研究助成金
予算名2 推奨
番号 推奨
課題 必須

(日) 守護町勝瑞の空間構造に関する学際的研究

要約 任意

(日) 本研究の目的は,室町・戦国期における守護町勝瑞の空間構造の解明である.本研究では,中世の史料・記録類,発掘調査成果,絵図・地籍図・地誌といった近世・近代の地理資料,微地形データ,地表面に残る遺物データ,通称地名・屋号,石造物,伝承・由緒など多様な資料類を収集し考察を加える.この際,GISソフト(ArcGIS9.2)を用いた位置情報を持つデータ分析を活用する.既に共同研究者の平井松午によって,勝瑞城館跡のGIS分析と復原CGは提示されており,その有効性は確認済である.この方法を守護町全域に適用し深化させることで,それぞれのデータの重層性や有機的関連を解明することができる.さらにこの分析で得られた成果をもとに,守護町全般について専門的知識を有する隣接他分野の研究者とともに行う現地踏査と研究会にて学際的な議論を重ね,勝瑞の空間構造の解明を目指す.

金額 推奨
  1. 850.0千円
期間 必須 2008年 7月 1日〜2009年 6月 30日
備考 任意