徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [依岡 隆児]/想起と記憶/[徳島大学総合科学部言語文化研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
176330
EOID
877053
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:53:33
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
依岡 隆児
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科(1993年4月1日〜)
著者 必須
  1. 依岡 隆児([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 想起と記憶

副題 任意

(日) ギュンター・グラス『玉ねぎの皮をむきながら』について

要約 任意

(日) ギュンター·グラスの自伝的小説『玉ねぎの皮をむきながら』における「想起」と「記憶」の関係を取り上げ,過去を想起することの困難さとその形式化しようとするジレンマが,虚構性や複数の視点の設定,〈出来事〉とのズレの設定をもたらしたと考察した.ナチズムの時代の記憶が風化する現代における「想起」の文学的可能性を論じた.

キーワード 推奨
  1. ドイツ文学(German literature)
  2. 比較文化(comparative culture)
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部言語文化研究([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)
ISSN 任意
必須 15
必須
必須 101 111
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2007年 12月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 509
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意