徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [大谷 直子]/Imamura Yuko/Yamakoshi Kimi/[廣田 史子]/Nakayama Rika/Kubo Yoshiaki/[石丸 直澄]/Takahashi Akiko/Hirao Atsushi/Shimizu Takatsune/Mann J. David/Saya Hideyuki/[林 良夫]/[荒瀬 誠治]/[松本 満]/Kazuki Nakao/[原 英二]/Visualizing the dynamics of p21 (Wafl/Cip1)cyclin-dependent kinase inhibitor expression in living animals./[Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
176259
EOID
690210
Map
0
LastModified
2013年6月10日(月) 14:50:08
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石丸 直澄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.分子口腔医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 大谷 直子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Imamura Yuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yamakoshi Kimi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 廣田 史子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Nakayama Rika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kubo Yoshiaki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 久保 宜明 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.皮膚科学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Takahashi Akiko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 高橋 暁子 ([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Hirao Atsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Shimizu Takatsune
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Mann J. David
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Saya Hideyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 荒瀬 誠治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Kazuki Nakao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中尾 一清 (Nakao Kazukiyo) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  17. 原 英二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Visualizing the dynamics of p21 (Wafl/Cip1)cyclin-dependent kinase inhibitor expression in living animals.

副題 任意
要約 任意

(英) Although the role of p21(Waf1/Cip1) gene expression is well documented in various cell culture studies, its in vivo roles are poorly understood. To gain further insight into the role of p21(Waf1/Cip1) gene expression in vivo, we attempted to visualize the dynamics of p21(Waf1/Cip1) gene expression in living animals. In this study, we established a transgenic mice line (p21-p-luc) expressing the firefly luciferase under the control of the p21(Waf1/Cip1) gene promoter. In conjunction with a noninvasive bioluminescent imaging technique, p21-p-luc mice enabled us to monitor the endogenous p21(Waf1/Cip1) gene expression in vivo. By monitoring and quantifying the p21(Waf1/Cip1) gene expression repeatedly in the same mouse throughout its entire lifespan, we were able to unveil the dynamics of p21(Waf1/Cip1) gene expression in the aging process. We also applied this system to chemically induced skin carcinogenesis and found that the levels of p21(Waf1/Cip1) gene expression rise dramatically in benign skin papillomas, suggesting that p21(Waf1/Cip1) plays a preventative role(s) in skin tumor formation. Surprisingly, moreover, we found that the level of p21(Waf1/Cip1) expression strikingly increased in the hair bulb and oscillated with a 3-week period correlating with hair follicle cycle progression. Notably, this was accompanied by the expression of p63 but not p53. This approach, together with the analysis of p21(Waf1/Cip1) knockout mice, has uncovered a novel role for the p21(Waf1/Cip1) gene in hair development. These data illustrate the unique utility of bioluminescence imaging in advancing our understanding of the timing and, hence, likely roles of specific gene expression in higher eukaryotes.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Cyclin-Dependent Kinase Inhibitor p21
  3. (英) Firefly Luciferin
  4. (英) Fluorescent Antibody Technique
  5. 遺伝子発現(gene expression)
  6. (英) Luciferases
  7. (英) Luminescent Agents
  8. (英) Luminescent Measurements
  9. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  10. ノックアウトマウス(knockout mice)
  11. (英) Mice, Transgenic
  12. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
発行所 推奨
誌名 必須 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America([The National Academy of Sciences of the United States of America])
(pISSN: 0027-8424, eISSN: 1091-6490)
ISSN 任意 0027-8424
ISSN: 0027-8424 (pISSN: 0027-8424, eISSN: 1091-6490)
Title: Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
Title(ISO): Proc Natl Acad Sci U S A
Publisher: National Academy of Sciences
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 104
必須 38
必須 15034 15039
都市 任意
年月日 必須 2007年 9月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.1073/pnas.0706949104    (→Scopusで検索)
PMID 任意 17848507    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000249715100030
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Institute for Genome Research, University of Tokushima, Tokushima 770-8503, Japan. ohtani@genome.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Evaluation Studies

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  5. (英) OtherID: PMC1975854