徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [木内 奈央]/[大澤 裕]/[石丸 直澄]/[大内 淑代]/Sunada Y/[林 良夫]/[谷本 起穗]/[森山 啓司]/[野地 澄晴]/Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass./[Gene Therapy]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
176252
EOID
656134
Map
0
LastModified
2012年8月30日(木) 19:42:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
木内 奈央
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.分子口腔医学講座(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座(2004年4月1日〜)
  3. 徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース.生物反応工学講座(2006年4月1日〜2012年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.生命テクノサイエンスコース.生物反応工学講座])
著者 必須
  1. 木内 奈央
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大澤 裕(川崎医科大学神経内科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 大内 淑代
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Sunada Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 谷本 起穗
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 森山 啓司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 野地 澄晴([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass.

副題 任意
要約 任意

(英) RNA interference (RNAi) offers a novel therapeutic strategy based on the highly specific and efficient silencing of a target gene. Since it relies on small interfering RNAs (siRNAs), a major issue is the delivery of therapeutically active siRNAs into the target tissue/target cells in vivo. For safety reasons, strategies based on vector delivery may be of only limited clinical use. The more desirable approach is to directly apply active siRNAs in vivo. Here, we report the effectiveness of in vivo siRNA delivery into skeletal muscles of normal or diseased mice through nanoparticle formation of chemically unmodified siRNAs with atelocollagen (ATCOL). ATCOL-mediated local application of siRNA targeting myostatin, a negative regulator of skeletal muscle growth, in mouse skeletal muscles or intravenously, caused a marked increase in the muscle mass within a few weeks after application. These results imply that ATCOL-mediated application of siRNAs is a powerful tool for future therapeutic use for diseases including muscular atrophy.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Collagen
  3. (英) Gene Therapy
  4. (英) Immunohistochemistry
  5. (英) Injections, Intramuscular
  6. (英) Injections, Intravenous
  7. (英) Male
  8. (英) Mice
  9. (英) Mice, Inbred mdx
  10. (英) Muscle, Skeletal
  11. (英) Muscular Dystrophy, Animal
  12. (英) Myostatin
  13. (英) Nanoparticles
  14. (英) RNA Interference
  15. (英) RNA, Small Interfering
  16. (英) Transforming Growth Factor beta
発行所 推奨
誌名 必須 Gene Therapy([Nature Publishing Group])
(pISSN: 0969-7128, eISSN: 1476-5462)
ISSN 任意 1476-5462
ISSN: 0969-7128 (pISSN: 0969-7128, eISSN: 1476-5462)
Title: Gene therapy
Title(ISO): Gene Ther
Publisher: Springer Science+Business Media
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 15
必須 15
必須 1126 1130
都市 任意
年月日 必須 2008年 3月 8日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/gt.2008.24    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18323791    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Graduate School of Dentistry, The University of Tokushima, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't