徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [池田 建司]/新 誠一/相対次数が n または n+1 の最小位相系の適応的安定化/[システム制御情報学会論文誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
17571
EOID
207384
Map
0
LastModified
2005年2月25日(金) 21:02:14
Operator
池田 建司
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池田 建司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座
著者 必須
  1. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 全頁執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Shin, Seiichi / (日) 新 誠一 / (読) しん せいいち
    役割 任意

    (日) 研究内容についてアドバイス

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Adaptive stabilization of minimum phase plants with relative degree n or n+1

(日) 相対次数が n または n+1 の最小位相系の適応的安定化

副題 任意
要約 任意

(日) 先の論文で, 耐故障性を有する分散型適応制御系の構成において, 拡張誤差信号を用いたモデルマッチング制御は有効ではなく, ハイゲイン適応制御が有効であることを示した. しかしながら, ハイゲイン適応制御の適用に当たっては, 各サブシステムの相対次数が1であるという制約を必要とした. この制約を緩和するため, もう一つの正実化手法である backstepping 法を用いた分散型適応制御系を構成し, その安定性を証明した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 システム制御情報学会
誌名 必須 システム制御情報学会論文誌([システム制御情報学会])
(resolved by 1342-5668)
ISSN: 1342-5668 (pISSN: 1342-5668, eISSN: 2185-811X)
Title: システム制御情報学会論文誌
Supplier: システム制御情報学会
Publisher: "The Institute of Systems, Control and Information Engineers"
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 2185-811X)
ISSN: 1342-5668 (pISSN: 1342-5668, eISSN: 2185-811X)
Title: システム制御情報学会論文誌
Supplier: システム制御情報学会
Publisher: "The Institute of Systems, Control and Information Engineers"
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 11
必須 6
必須 290 296
都市 任意
年月日 必須 1998年 6月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意