徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [宇都 義浩]/イソプレノミクスを基盤とした抗酸化剤の分子設計/日本農芸化学会中部支部 第151回例会 若手シンポジウム

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
174250
EOID
476454
Map
0
LastModified
2009年11月10日(火) 15:28:32
Operator
山田 美緒
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨 招待
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 生命情報工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) イソプレノミクスを基盤とした抗酸化剤の分子設計

副題 任意
要約 任意

(日) 微生物,植物や動物が産生するテルペン,ステロイドやカロテンなどのイソプレノイド系化合物は,メバロン酸もしくは非メバロン酸経路により合成される炭素5個(C5)を基本単位とするイソプレン骨格を有する化合物の総称であり生理活性物質として重要なものが数多く同定されている.一方,フェニルプロパノイドやフラボノイドにおいては,シキミ酸経路による骨格合成後位置選択的にイソプレン鎖の修飾を受けた化合物の存在が報告されているが,それらの生理活性や存在理由についてはほとんど明らかになっていない.そこで私は,イソプレノミクス(isoprenomics,微生物,植物や動物が産生するイソプレン鎖修飾化合物を探索して生物活性を調べ,合成に関わるDNAやタンパクを同定してchemotypeを明らかにし,医薬品開発に応用する研究)を提唱し,この問題の解明に取り組んでいる.本シンポジウムでは,アルテピリンC及びトコフェロール(ビタミンE)に対するイソプレノミクスから得られた抗酸化剤分子設計に関する知見について報告する.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 日本農芸化学会中部支部 第151回例会 若手シンポジウム
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 必須 静岡(Shizuoka/[日本国])
年月日 必須 2007年 11月 17日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意