徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nakatani Masashi/Takehara Yuka/Sugino Hiromu/[松本 満]/Hashimoto Osamu/Hasegawa Yoshihisa/Murakami Tatsuya/Uezumi Akiyoshi/Takeda Shin'ichi/[野地 澄晴]/Sunada Yoshihide/Tsuchida Kunihiro/Transgenic expression of a myostatin inhibitor derived from follistatin increases skeletal muscle mass and ameliorates dystrophic pathology in mdx mice./[The FASEB journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
174129
EOID
660651
Map
0
LastModified
2012年9月18日(火) 15:39:13
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
野地 澄晴
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Nakatani Masashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中谷 直史 (Nakatani Masashi) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Takehara Yuka
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 武原 悠花子 ([徳島大学.病院.診療科.第一外科])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Sugino Hiromu
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 杉野 弘
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Hashimoto Osamu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Hasegawa Yoshihisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Murakami Tatsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《村上 達哉 (Murakami Tatsuya) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Uezumi Akiyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Takeda Shin'ichi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 武田 伸一 ([国立精神・神経医療センター])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 野地 澄晴([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Sunada Yoshihide
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 砂田 芳秀 (川崎医科大学神経内科)
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Tsuchida Kunihiro
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 土田 邦博
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Transgenic expression of a myostatin inhibitor derived from follistatin increases skeletal muscle mass and ameliorates dystrophic pathology in mdx mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Myostatin is a potent negative regulator of skeletal muscle growth. Therefore, myostatin inhibition offers a novel therapeutic strategy for muscular dystrophy by restoring skeletal muscle mass and suppressing the progression of muscle degeneration. The known myostatin inhibitors include myostatin propeptide, follistatin, follistatin-related proteins, and myostatin antibodies. Although follistatin shows potent myostatin-inhibiting activities, it also acts as an efficient inhibitor of activins. Because activins are involved in multiple functions in various organs, their blockade by follistatin would affect multiple tissues other than skeletal muscles. In the present study, we report the characterization of a myostatin inhibitor derived from follistatin, which does not affect activin signaling. The dissociation constants (K(d)) of follistatin to activin and myostatin are 1.72 nM and 12.3 nM, respectively. By contrast, the dissociation constants (K(d)) of a follistatin-derived myostatin inhibitor, designated FS I-I, to activin and myostatin are 64.3 microM and 46.8 nM, respectively. Transgenic mice expressing FS I-I, under the control of a skeletal muscle-specific promoter showed increased skeletal muscle mass and strength. Hyperplasia and hypertrophy were both observed. We crossed FS I-I transgenic mice with mdx mice, a model for Duchenne muscular dystrophy. Notably, the skeletal muscles in the mdx/FS I-I mice showed enlargement and reduced cell infiltration. Muscle strength is also recovered in the mdx/FS I-I mice. These results indicate that myostatin blockade by FS I-I has a therapeutic potential for muscular dystrophy.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Cell Line
  3. フォリスタチン(follistatin)
  4. (英) Gene Expression Regulation
  5. (英) Humans
  6. (英) Kinetics
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酵素反応速度論 (enzyme kinetics)
    [キーワード] 反応速度論 (chemical kinetics)
    [キーワード] 薬物速度論 (pharmacokinetics)
  7. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  8. (英) Mice, Inbred mdx
  9. (英) Mice, Transgenic
  10. (英) Muscle, Skeletal
  11. (英) Muscular Dystrophies
  12. (英) Mutation
  13. (英) Myostatin
  14. (英) Protein Binding
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] レニン結合蛋白質 (Renin Binding Protein)
  15. (英) Transforming Growth Factor beta
発行所 推奨
誌名 必須 The FASEB journal([Federation of American Societies for Experimental Biology])
(pISSN: 0892-6638, eISSN: 1530-6860)
ISSN 任意 1530-6860
ISSN: 0892-6638 (pISSN: 0892-6638, eISSN: 1530-6860)
Title: FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology
Title(ISO): FASEB J
Supplier: Federation of American Societies for Experimental Biology
Publisher: Federation of American Societies for Experimental Biology
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 22
必須 2
必須 477 487
都市 任意
年月日 必須 2008年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1096/fj.07-8673com    (→Scopusで検索)
PMID 任意 17893249    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division for Therapies Against Intractable Diseases, Institute for Comprehensive Medical Sciences (ICMS), Fujita Health University, Toyoake, Aichi 470-1192, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't