徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/ソフトウェア設計及び実習2

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
17323
EOID
376561
Map
[2000/知能情報工学実習]
LastModified
2007年12月28日(金) 16:13:43
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
獅々堀 正幹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Software design and practice 2 / (日) ソフトウェア設計及び実習2 / (読) そふとうぇあせっけいおよびじっしゅう
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 獅々堀 正幹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    肩書 任意
  2. 柘植 覚
    肩書 任意
  3. 伊藤 拓也
    肩書 任意
  4. 太田 能([神戸大学])
    肩書 任意
  5. 毛利 公美
    肩書 任意
  6. 楊 淳珂
    肩書 任意
  7. 泓田 正雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    肩書 任意
  8. 森田 和宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座])
    肩書 任意
  9. 緒方 広明
    肩書 任意
  10. 越智 洋司([近畿大学])
    肩書 任意
単位 必須 3
目的 必須

(日) 大規模ソフトウェアの作成を通じ,総合的能力(問題設定,問題分析,問題解決,能動的学習,グループワーク,コミュニケーション技術)および専門的能力(ツール運用,分析/設計,コーディング,デバッグ手法)を短期間のうちに習得することを目的としている.

概要 必須

(日) 後期(2)では,企画立案ならびにプレゼンテーション技術を学んだ後,メタな課題(例えば,GUI (Graphical User Interface)を用いたネットワークプログラミングによる対戦型ゲームの作成)に,グループ単位で取り組ませることにより,専門的能力,総合的能力をトレーニングする.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) ネットワークプログラミング1

  2. (日) ネットワークプログラミング2

  3. (日) 統合·モジュール化1

  4. (日) 統合·モジュール化2

  5. (日) プレゼン指導,企画の仕方,最終課題説明

  6. (日) 企画プレゼンテーション1

  7. (日) 企画プレゼンテーション2

  8. (日) 最終課題のソフト開発

  9. (日) 最終課題のソフト開発

  10. (日) 最終課題のソフト開発

  11. (日) 最終課題のソフト開発

  12. (日) 最終課題のソフト開発

  13. (日) 最終プレゼンテーション1

  14. (日) 最終プレゼンテーション2

  15. (日) コンテスト

  16. (日) 予備日

評価 必須

(日) 基礎課題レポート,プレゼンテーション(発表),総合課題レポートを総合して評価する.

対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 各実習毎に指定される.

参考資料 推奨
  1. (日) 各実習毎に指定される.

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 無断欠席および遅刻,期限後の報告提出は一切認められていない. また,ソフトウェア設計及び実習1未習得者は,ソフトウェア設計及び実習2を受講することはできず,通年科目として扱う.

  2. (日) 全ての実習と発表をおこない,全てのレポートを提出することが義務づけられている. その上で,基礎課題レポート,プレゼンテーション(発表),総合課題レポートを,5対2対3の比率で評価する. 但し,この比率は変更されることがある.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です