徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [小畑 利之]/[横田 一郎]/[横山 和博]/岡本 英治/金崎 淑子/田中 良典/Maegawa Hiroshi/Teshigawara Kiyoshi/[廣田 史子]/[湯浅 智之]/[岸 和弘]/Hattori Atsushi/Hashida Seiichi/Masuda Kazuhiko/[松本 満]/[松本 俊夫]/Kashiwagi Atsunori/[蛯名 洋介]/Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes mellitus./[Diabetes]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
172326
EOID
692947
Map
0
LastModified
2013年7月1日(月) 14:29:56
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
湯浅 智之
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. 小畑 利之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 横田 一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 横山 和博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Okamoto Eiji / (日) 岡本 英治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kanezaki Yoshiko / (日) 金崎 淑子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《金崎 淑子 (Kanezaki Yoshiko) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Tanaka Yoshinori / (日) 田中 良典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田中 良典 (Tanaka Yoshinori) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    《田中 良典 () @ 工学部 [学部学生(夜間)] 1996年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Maegawa Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Teshigawara Kiyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 廣田 史子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 湯浅 智之([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 岸 和弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Hattori Atsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《服部 篤之 (Hattori Atsushi) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《服部 篤之 (Hattori Atsushi) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2009年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  13. (英) Hashida Seiichi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 橋田 誠一 ([宮崎医科大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Masuda Kazuhiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Kashiwagi Atsunori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. 蛯名 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes mellitus.

副題 任意
要約 任意

(英) Insulin binds to the alpha-subunit of the insulin receptor (IRalpha) and subsequently exerts its effects in the cells. The soluble ectodomains of several receptors have been found to circulate in the plasma. Therefore, we hypothesized that soluble human insulin receptor (hIR) ectodomain (alpha-subunit and a part of beta-subunit) may exist in the plasma of diabetic patients. We identified soluble hIR ectodomain in human plasma by a two-step purification followed by immunoblotting and gel-filtration chromatography. Furthermore, we established an hIRalpha-specific enzyme-linked immunosorbent assay and measured the plasma IRalpha levels in patients with diabetes. We also investigated this phenomenon in streptozotocin-induced diabetic hIR transgenic mice. Soluble hIRalpha, but not intact hIRbeta or whole hIR, exists in human plasma. The plasma IRalpha levels were significantly higher in type 1 (2.00 +/- 0.60 ng/ml; n = 53) and type 2 (2.26 +/- 0.80; n = 473) diabetic patients than in control subjects (1.59 +/- 0.40 ng/ml; n = 123 (P < 0.001 vs. control). Plasma IRalpha level was positively correlated with blood glucose level, and 10-20% of the insulin in plasma bound to hIRalpha. In the in vivo experiments using diabetic hIR transgenic mice, hyperglycemia was confirmed to increase the plasma hIRalpha level and the half-life estimated to be approximately 6 h. We propose that the increased soluble IR ectodomain level appears to be a more rapid glycemic marker than A1C or glycoalbumin.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Diabetes Mellitus
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 糖尿病 (diabetes mellitus)
  3. (英) Diabetes Mellitus, Experimental
  4. (英) Diabetes Mellitus, Type 1
  5. (英) Diabetes Mellitus, Type 2
  6. (英) Enzyme-Linked Immunosorbent Assay
  7. (英) Humans
  8. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  9. (英) Mice, Transgenic
  10. (英) Receptor, Insulin
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 可溶性インスリン受容体 (soluble insulin receptor)
  11. (英) Solubility
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 溶解度 (solubility)
  12. (英) Streptozocin
発行所 推奨 The American Diabetes Association
誌名 必須 Diabetes([The American Diabetes Association])
(pISSN: 0012-1797, eISSN: 1939-327X)
ISSN 任意 1939-327X
ISSN: 0012-1797 (pISSN: 0012-1797, eISSN: 1939-327X)
Title: Diabetes
Title(ISO): Diabetes
Publisher: American Diabetes Association
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 56
必須 8
必須 2028 2035
都市 任意
年月日 必須 2007年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2337/db07-0394    (→Scopusで検索)
PMID 任意 17563065    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Molecular Genetics, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Kuramoto-cho, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't