徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [水島 多喜男]/クウェートとカタル/福田 安志編『湾岸,アラビア諸国における社会変容と国家・政治-イラン,GCC諸国,イエメン』

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
171895
EOID
393561
Map
0
LastModified
2008年1月26日(土) 21:09:33
Operator
水島 多喜男
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
水島 多喜男
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 報告書
言語 必須 日本語
招待 推奨 依頼
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.社会科学講座(2003年4月1日〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. 水島 多喜男
    役割 任意

    (日) 第5章分担

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) クウェートとカタル

副題 任意

(日) 「レンティア国家」の変遷

要約 任意

(日) 資源の枯渇に必然的に直面せざるを得ないレンティア国家では,統治者は支配の正当性を維持するため,国内産業の多様化による国内中間層の増大を図らねばならないが,それは政治面での民主化要求を生み出す.このため,国内統治の正当性の維持に必要な限りでの「民主化」が進られる.それゆえ,この民主化は,英米型の民主化とは異なる進展を見せる.石油・天然ガスが豊富なクウェート,カタルは,経済的,国内政治的には差し迫った民主化の必要性がないが,その背景には,対アメリカの政治的な事情とともに,上記の論理への先取り的対応があると考えられる.

キーワード 推奨
  1. (日) 湾岸産油国 / (読) わんがんさんゆこく
  2. (日) レンティア国家 / (読) れんてぃあこっか
  3. (日) 民主化 / (読) みんしゅか
発行所 任意 (英) Institute of Developing Economies- Japan External Trade Organization / (日) 日本貿易振興機構アジア経済研究所 / (読) にほんぼうえきしんこうきこうあじあけいざいけんきゅうしょ
誌名 任意 (日) 福田 安志編『湾岸,アラビア諸国における社会変容と国家・政治-イラン,GCC諸国,イエメン』 / (読) わんがん あらびあしょこくにおけるしゃかいへんようとこっかとせいじ
ISSN 任意
任意
任意
任意 147 171
都市 任意 (英) Chiba / (日) 千葉市 / (読) ちばし
年月日 必須 2007年 3月 末日
URL 任意 http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Report/pdf/2006_04_35_05.pdf
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 2年間の研究プロジェクトの1年目の成果報告書.