徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/ヒューマンコミュニケーション/ソーシャルコミュニケーション

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
171412
EOID
408687
Map
0
LastModified
2008年5月28日(水) 10:32:19
Operator
川西 千恵美
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Human Communication / (日) ヒューマンコミュニケーション / (読) ひゅーまんこみゅにけーしょん
題目 必須 (英) social communication / (日) ソーシャルコミュニケーション
形態 推奨
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 上野 修一
    肩書 任意
  2. 井村 裕吉
    肩書 任意
  3. 市原 多香子
    肩書 任意
  4. 梅野 真由美
    肩書 任意
  5. 香川 典子
    肩書 任意
  6. 川西 千恵美
    肩書 任意
  7. 久保 均
    肩書 任意
  8. 關戸 啓子
    肩書 任意
  9. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    肩書 任意
  10. 田村 綾子
    肩書 任意
  11. 富安 俊子
    肩書 任意
  12. 西原 貞光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    肩書 任意
  13. 山本 真由美([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    肩書 任意
  14. 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 医療系学生における人間力を高め,学生自らのコミュニケーション能力を向上させ,将来患者と向き合える医療者を育てる一助とする.

概要 必須

(日) この授業では特に医療人に必要なコミュニケーション能力の開発を学生に提供する.講義・学内演習を柱とする. 講義では,基本的な社会人としてのコミュニケーション能力から,医療人としてのコミュニケーション能力までの基礎を教え,学内演習では,参加型のワークを基本として,コミュニケーション・スキルについて学び,自分自身の人間関係について考える.希望者多数の場合には,保健学科の学生を優先する.

キーワード 推奨
  1. (日) 対人コミュニケーション
  2. (日) 社会人としての接遇
  3. (日) 医療人としての接遇
  4. (日) 多職種間でのコミュニケーション
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 人間関係が希薄な現代においては,年齢を超えた人間関係作りや,コミュニケーション(お互いの考えや気持ちを理解しあうこと)を意図的に学ぶことが必要である. 人と関わるには,相手の心の有り様を想像し,相手の心に寄り添った行動をすることが大切である.そのための基礎から講義を始め,演習を行う.最終的には実技試験にて合格を決定する.

目標 必須
  1. (日) 適切な礼儀やマナーを身につける.

  2. (日) 相手の考えや気持ちを受け止めることができる.

  3. (日) 自分の気持ちや考えを相手に伝えることができる.

  4. (日) 仲間の様子に目を向けることができ,共に喜び合ったり,励ますことができる.

  5. (日) 関わりを通して,自己を振り返ることができる.

計画 必須
  1. (日) 講義:アイスウォーム,自己開示

  2. (日) 講義:ホスピタリティ・マインド,話の聞き方

  3. (日) 講義:社会人としての接遇

  4. (日) 講義:医療人として求められていること

  5. (日) 講義:接遇(対人コミュニケーション)とは1

  6. (日) 講義:接遇(対人コミュニケーション)とは2

  7. (日) 講義:医療のための接遇1

  8. (日) 講義:医療のための接遇2

  9. (日) 講義:医療のための接遇3

  10. (日) 演習1

  11. (日) 演習2

  12. (日) 演習3

  13. (日) 演習4

  14. (日) 演習5

  15. (日) 振り返り・まとめ

評価 必須

(日) 出席状況(40%),レポート(10%),実技試験(50%)から総合評価する.

再評価 必須

(日) 原則として行なわない

教科書 必須
  1. (日) 後日説明.講師によっては,プリントを使用する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 上野 修一
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本授業題目は20年度入学者(適用年度)が対象となります.