徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [津嘉山 正夫]/He Li/鶴本 健/[西内 優騎]/[河村 保彦]/Regioselective Synthesis of Prenylisoflavones. Syntheses of Allolicoisoflavone A, 2,3-Dehydrokievitone, and Related Compounds/[Bulletin of the Chemical Society of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
17140
EOID
296018
Map
0
LastModified
2006年5月10日(水) 11:26:16
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西内 優騎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科
  2. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. 津嘉山 正夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) He Li
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] グリック クリストフアー
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《HE LIANG (LIANG HE) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《CHEN SHU LI (LI SHU CHEN) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《KHELIFI OLFA (OLFA KHELIFI) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 1998年10月〜2000年9月》
    《SHANTA SHEWLI SHAMIM (SHAMIM SHEWLI SHANTA) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 1998年4月〜2001年3月》
    《李 俊哲 (CHEI CHIUN LI) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1998年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Tsurumoto, Ken / (日) 鶴本 健 / (読) つるもと けん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 西内 優騎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 河村 保彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意

    (日) 考察,記述の一部

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Regioselective Synthesis of Prenylisoflavones. Syntheses of Allolicoisoflavone A, 2,3-Dehydrokievitone, and Related Compounds

副題 任意
要約 任意

(日) 当研究グループで確立した,プレニルイソフラボン類の簡便な合成法(ヨードカルコン誘導体の硝酸タリウムによる酸化転位及び酸によるヨードイソフラボンへの閉環,0価パラジウム触媒によるアルキニルアルコールのカップリング,続く脱水)を表題の天然産プレニルイソフラボンの合成に応用した.その結果,良好な収率でこれらイソフラボン類を合成でき,化学的性質を明らかにすると共に天然物の構造確認ができた.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 日本化学会
誌名 必須 Bulletin of the Chemical Society of Japan([社団法人 日本化学会])
(resolved by 0009-2673)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull. Chem. Soc. Jpn.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1348-0634)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull. Chem. Soc. Jpn.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 71
必須 11
必須 2673 2680
都市 任意
年月日 必須 1998年 11月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意