徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/口腔顎顔面外科学演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170923
EOID
574525
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 22:12:18
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 口腔科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Oral and Maxillofacial Surgery Seminar / (日) 口腔顎顔面外科学演習 / (読) こうくうがくがんめんげかがくえんしゅう
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程]
担当教員 必須
  1. 里村 一人
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 藤澤 健司
    肩書 任意
    役割 任意
  3. 松本 文博([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    肩書 任意
    役割 任意
  4. 桃田 幸弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    肩書 任意
    役割 任意
  5. 湯淺 哲也
    肩書 任意
    役割 任意
  6. 工藤 景子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 口腔・顎・顔面領域における各種疾患の病態・診断・治療と硬組織の再建に関する最新の学術論文を参考に実験計画の立案や実験方法について指導する.

概要 必須

(日) 口腔・顎・顔面領域における各種疾患の病態解析,診断・治療と硬組織の再建を中心とした口腔機能回復に関する最新の学術論文を学生に抄読させ,作業仮説や実験計画の立案およびその実証方法について指導する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) 講義担当者の都合により,講義時間等における変更の可能性がある.本年度はe-learningを行わない.

計画 必須
  1. (日) 硬組織再建

    内容 任意
    1. (日) 口腔・顎・顔面領域における各種疾患の病態解析,診断・治療と硬組織の再建を中心とした口腔機能回復に関する最新の学術論文を学生に抄読させ,作業仮説や実験計画の立案およびその実証方法について指導する.また,硬組織(骨・軟組織・歯)を含む各種臓器・組織の再生に関する学術論文を抄読させるとともに,分子細胞生物学的・組織工学的研究の進め方を指導する.

    担当者 必須

    (日) 里村 一人

    授業回数 任意 3
  2. (日) 創傷治癒

    内容 任意
    1. (日) 口腔・顎・顔面領域の創傷治癒の分子細胞生物学的特性の解析に関する最新の学術論文を学生に抄読させ,研究の進め方を指導する.さらに,顎骨延長に関する最新の論文も学生に抄読させ,分子細胞生物学的研究の進め方を指導する.

    担当者 必須

    (日) 藤澤 健司

    授業回数 任意 3
  3. (日) 顎関節疾患

    内容 任意
    1. (日) 顎関節疾患と顎関節に関連する病態の解析に関する最新の学術論文を学生に抄読させ,研究の進め方を指導する.

    担当者 必須

    (日) 松本文博

    授業回数 任意 3
  4. (日) 生体材料学

    内容 任意
    1. (日) 生体材料学を中心に最新の学術論文を抄読するとともに研究の実地指導を行う.さらに,材料と組織親和性における最新の学術論文を抄読し,研究の進め方を指導する.

    担当者 必須

    (日) 桃田 幸弘,湯浅 哲也

    授業回数 任意 3
  5. (日) 外傷(口腔外科)

    内容 任意
    1. (日) 歯牙・骨の外傷治癒過程に関する最新の学術論文を学生に抄読させるとともに,分子細胞生物学的研究の進め方を指導する.

    担当者 必須

    (日) 工藤 景子

    授業回数 任意 3
評価 必須

(日) 全講義回数の2/3以上の出席を満たすこと

再評価 推奨

(日) 行わない.

教科書 推奨
参考資料 任意
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 里村 一人
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月・火・木17:00~18:00(e-mail により時間調整を適宜行う)他の教員についても,e-mailによりアポイントをとって下さい.必要に応じて時間調節を行います.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 特になし.