徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/人類遺伝学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170798
EOID
573657
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 19:33:57
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Human Genetics / (日) 人類遺伝学 / (読) じんるいいでんがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 板倉 光夫
    肩書 任意
  2. 肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 1.遺伝学の基本的概念を習得する.
2.静的なゲノム一次配列情報を基にどのように動的な蛋白質の多様性が生み出されるかを解説する.さらに遺伝子発現の調節機構がどのように個体の発生と疾患に関与しているかを幾つかの例をあげて説明する.

概要 必須

(日) 最近,人類遺伝学をとりまく環境の変化には目覚ましいものがあり,全ての医学が遺伝を抜きにしては語れなくなってきている.その中でも特に重要な3つが,ヒトゲノム計画,遺伝子治療,再生医学の発展である.
1991年に米国でヒトゲノム計画が開始されるとともに,日本,ヨーロッパなどでもそれに呼応する形で,ヒトの持つ全塩基配列を決定しようという計画が実行に移されることとなった.2003年には全塩基配列の決定とともに,ヒトの持つすべての遺伝子が明らかにされようとしている.2004年ヒトゲノムデータの精密化が完了した結果,ヒトのタンパク質をコードする遺伝子の数は従来の予測を大きく下回り22,000余と推定された.一方,最近はRNAiなどの全く新しい遺伝子発現制御メカニズムが発見され,RNA研究が推進されようとしている.
ヒトゲノム計画は単なる学問上の理由から推進されるのではなく「ヒトの設計図の解明」と「人類の繁栄に寄与すること」を目標に掲げている.これはすなわち,ヒトゲノム情報が将来の生命科学の基盤になるとの認識があり,医学生物学のみならず核酸・タンパク質解析技術,情報科学など周辺科学・技術,さらに産業など社会への影響を考えたものである.

授業テーマ 必須
キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義,スライド

授業場所 必須

(日) 月曜2時限 第4講義室

注意 推奨

(日) 試験は学生便覧の歯学部規則を満たしている者に対して行う.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 序論:

    内容 必須
    1. (日) 全ての疾患は「遺伝子発現病」である.

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  2. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 遺伝子の発現は非常に多くのステップで調節される.

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  3. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 一つの遺伝子から2種類以上の蛋白質を生産する方法.1

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  4. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 一つの遺伝子から2種類以上の蛋白質を生産する方法.2

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  5. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 非対称性を生み出すメカニズム.1

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  6. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 非対称性を生み出すメカニズム.2

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  7. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 局所における遺伝子発現調節機構.1

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  8. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 局所における遺伝子発現調節機構.2

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  9. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 遺伝子発現異常と疾患.1

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  10. (日) :

    内容 必須
    1. (日) 遺伝子発現異常と疾患.2

    担当者 必須

    (日) 板倉他

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 評価は筆記試験またはレポートにより行う.100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 必須

(日) 行う.

教科書 必須
  1. (英) genes VII Benjamin Lewin Oxford University Press

  2. (英) Developmental Biology Scott F.Gilbert Sinauer

  3. (英) Molecular Cell Biology Lodish et al. Scientific American BookS

  4. (英) Molecular Biology of the Cell Alberts et al Garland

  5. (日) (それぞれ日本語訳もでています.図書館にもあります.)

URL 任意
連絡先 必須
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 日程等の詳細については別途通知する.