徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/歯科矯正学 実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170771
EOID
578326
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:09:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Orthodontics / (日) 歯科矯正学 実習 / (読) しかきょうせいがく じっしゅう
形態 必須
  1. 実習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 高橋 巧
    肩書 任意
  2. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    肩書 任意
  3. 北瀬 由紀子
    肩書 任意
  4. 井澤 俊
    肩書 任意
  5. 塩屋園 敦
    肩書 任意
  6. 藤原 慎視
    肩書 任意
  7. 木内 奈央
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 歯科矯正学講義で履修した矯正装置を自分で作製することで,装置に対する理解を深めることを目的とし,矯正装置の作製方法や技工の手技を修得することを目的とする.

概要 必須

(日) 実習では,歯科矯正治療に用いられる矯正装置のうち基本的な矯正装置を実際に作製する.各担当教員の指導に従い各自が装置を作製する.

授業テーマ 必須

(日) 講義で得た知識をもとに,治療に用いる矯正装置の実際を学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義型式 ビデオ,スライドを適宜用いる

授業場所 必須

(日) 第5実習室

注意 推奨
目標 必須
  1. (日) 矯正治療に用いる器材の名称と使い方を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  2. (日) 矯正装置の種類と使途を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  3. (日) 矯正用ワイヤーの特性と鑞着方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  4. (日) 舌側弧線装置の作製手順を説明でき,その装置による歯の移動様式を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  5. (日) マルチブラケット治療の手順を説明でき,ワイヤーの特性と歯の移動様式を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  6. (日) 矯正治療に必要な力学を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  7. (日) 機能的矯正装置を説明でき,咬合採得から装置作製までを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
計画 必須
  1. (日) ガイダンス
    実習器具配付
    線屈曲:0.9 mm線の屈曲

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 1, 2
    授業回数 任意
  2. (日) 自在鑞着:自在鑞着

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 2
    授業回数 任意
  3. (日) 機能的矯正装置(FKO):模型調節,構成咬合採得
    構成咬合器への模型の取り付け

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6, 7
    授業回数 任意
  4. (日) 機能的矯正装置(FKO):外形線の記入,誘導線の屈曲

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6, 7
    授業回数 任意
  5. (日) 機能的矯正装置(FKO):ワックス仮床圧接,ワックス仮床接合

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6, 7
    授業回数 任意
  6. (日) 機能的矯正装置(FKO):ワックス仮床の形成

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6, 7
    授業回数 任意
  7. (日) タイポドント実習(舌側弧線装置):タイポドント貸与,帯環調整,STロック維持管鑞着,バッカルチューブの鑞着

    内容 必須
    担当者 必須
    計画毎の目標 必須 4, 6
    授業回数 任意
  8. (日) タイポドント実習(舌側弧線装置):印象採得,作業用模型,主線設計,STロック脚部屈曲

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 4, 6
    授業回数 任意
  9. (日) タイポドント実習(舌側弧線装置):主線屈曲,主線と脚部の鑞着,バンドのセメント合着

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 4, 6
    授業回数 任意
  10. (日) タイポドント実習(舌側弧線装置):補助弾線鑞着・調整,タイポドント実習

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 4, 6
    授業回数 任意
  11. (日) タイポドント実習(マルチブラケット装置):ブラケットのボンディング,ワイヤーベンディング(チャート)

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5, 6
    授業回数 任意
  12. (日) タイポドント実習(マルチブラケット装置):0.014インチワイヤー屈曲,タイポドント実習

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5, 6
    授業回数 任意
  13. (日) タイポドント実習(マルチブラケット装置):0.016インチワイヤー屈曲,タイポドント実習

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5, 6
    授業回数 任意
  14. (日) タイポドント実習(マルチブラケット装置):タイポドント実習

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5, 6
    授業回数 任意
  15. (日) 実習器具の返却
    実習試験:実習器具の返却
    実習試験

    内容 必須
    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 実習作品と実習内容に対する理解度および実習態度を総合評価する.

再評価 必須

(日) 適宜行う

教科書 必須
  1. (日) 参考書:歯科矯正学実習書,医歯薬出版,1983

  2. (日) 参考書:可轍式矯正装置入門,クインテッセンス出版,1990

  3. (日) 参考書:The Clinical Management of Basic Maxillofacial Orthopedic Appliance,PSD,1997

URL 任意
連絡先 必須
  1. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第5研究室)

  2. 高橋 巧
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第1研究室)

  3. 北瀬 由紀子
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第5研究室)

  4. 井澤 俊
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第5研究室)

  5. オフィスアワー 必須

    (日) (kaz@dent.tokushima-u.ac.jp/月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第1研究室/633-7357)

  6. 塩屋園 敦
    オフィスアワー 必須

    (日) (ashioya@dent.tokushima-u.ac.jp/月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第1研究室)

  7. 藤原 慎視
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/3F 矯正・第5研究室)

  8. 木内 奈央
    オフィスアワー 必須
科目コード 推奨
備考 任意