徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/口腔外科学(2)A 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170767
EOID
578421
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:23:17
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Oral & Maxillofacial Surgery / (日) 口腔外科学(2)A 講義 / (読) こうくうげかがく こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 宮本 洋二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    肩書 任意
  2. 東 雅之([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    肩書 任意
  3. 玉谷 哲也
    肩書 任意
  4. 内田 大亮
    肩書 任意
  5. 茂木 勝美
    肩書 任意
  6. 大江 剛([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    肩書 任意
  7. 尾上 富太郎
    肩書 任意
  8. 由良 義明([大阪大学])
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) 口腔外科疾患に対する的確な診断法の修得,疾患の特徴・病態について理解を深める.単に各疾患の病態を理解するだけでなく,全身疾患とのかかわりという観点からの学習を行う.また,解剖学的知識を十分把握したうえでその診断,治療を修得する.

概要 必須

(日) 患者を診察する際の基本的な事項の把握,知識を修得させた後,各種の口腔外科的疾患についてその概念,成因,病態を理解する.具体的には,口腔外科診断法,先天性・後天性異常について理解する.

授業テーマ 必須

(日) 口腔・頸部を構成する軟部組織,硬組織およびその関連器官の疾病の診断と治療

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義形式, プリント,スライド,ビデオを適宜用いる.

授業場所 必須

(日) 第4講義室

注意 推奨

(日) 試験は全講義数2/3以上の出席を満たしている者に対して行う.

目標 必須
  1. (日) 診察,検査及び診断に必要な事項を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-1)>

  2. (日) 歯科治療と全身疾患との関係を理解し説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-2)>

  3. (日) 的確な病歴聴取(現病歴,既往歴,家族歴,薬歴等)を行い,必要な部分を抽出できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-8)>

  4. (日) 問診,視診,触診及び打診等によって患者の現症を的確に捉えることができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-9)>

  5. (日) 各種臨床検査の基準値を知り, 重要な異常値の意味を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-15)>

  6. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す血液疾患(貧血,出血性素因,白血病)とスクリーニング検査法を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-1)>

  7. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現すアレルギー性疾患,膠原病,免疫不全とそれらの症状を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-3)>

  8. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す症候群の種類と症状を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-5)>

  9. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す系統的骨疾患の症状,診断および治療法を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-6)>

  10. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す薬物の副作用を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-7)>

  11. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す代謝障害とその症状を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-8)>

  12. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現すビタミン欠乏症とその症状を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-9)>

  13. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面の発生を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(1)-1)>

  14. (日) 一次口蓋と二次口蓋の発生を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(1)-2)>

  15. (日) 口唇・口蓋裂の病態と治療方針を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-11)>

  16. (日) 顎変形症を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-7)-12)>

  17. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域に症状をきたす主な先天異常を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(1)-3)>

  18. (日) 臨床歯学教育

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F>

計画 必須
  1. (日) 口腔外科診断法

    内容 必須
    1. (日) 口腔外科学総論

    2. (日) 総 論

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 1,2,3,4
    授業回数 任意 1
  2. (日) 口腔外科診断法

    内容 必須
    1. (日) 診察法

    2. (日) 問診,全身診察法,局所の診察法

    担当者 必須

    (日) 東

    計画毎の目標 必須 1,2,3,4
    授業回数 任意 1
  3. (日) 口腔外科診断法

    内容 必須
    1. (日) 検査

    2. (日) 検体検査,生体機能検査,口腔・顎機能の検査など

    担当者 必須

    (日) 玉谷,茂木

    計画毎の目標 必須 5,6,7
    授業回数 任意 2
  4. (日) 口腔外科診断法

    内容 必須
    1. (日) 主要症候とその病態生理

    2. (日) 創傷治癒, 一般症候,局所症候,全身疾患の口腔症状

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 7,8,9
    授業回数 任意 1
  5. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 歯の異常軟組織の異常

    2. (日) 萌出,歯数,形態,形成の異常, 舌,歯肉,小帯の異常

    担当者 必須

    (日) 内田

    計画毎の目標 必須 8,10, 11, 12
    授業回数 任意 2
  6. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顔面,口腔の裂奇形

    2. (日) 口唇・口蓋裂, 顔面裂の病態

    担当者 必須

    (日) 内田

    計画毎の目標 必須 13, 14
    授業回数 任意 1
  7. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顔面,口腔の裂奇形

    2. (日) 口唇・口蓋裂の治療

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 15
    授業回数 任意 1
  8. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顎変形症

    2. (日) 上顎前突症,下顎前突症,開咬症,上顎後退症,下顎後退症,顔面非対称の病態および治療

    担当者 必須

    (日) 宮本,東

    計画毎の目標 必須 16
    授業回数 任意 3
  9. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顎・口腔に症状を現わす症候群と系統的骨疾患

    2. (日) 主に顎・顔面に変化を現わす症候群,大理石骨病など

    担当者 必須

    (日) 大江,尾上

    計画毎の目標 必須 9,17
    授業回数 任意 2
  10. (日) 口腔外科学(2)Aの総括

    内容 必須
    1. (日) 国家試験対応および解説

    2. (日) 国家試験問題を解いてみよう

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 18
    授業回数 任意 1
評価 必須

(日) 評価は筆記試験により行い, 試験は4年次前期試験期間中に実施する. 100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 必須

(日) 1回のみ行う.

教科書 必須
  1. (日) 塩田重利,富田喜内監修:最新口腔外科学,医歯薬出版,第4版,1999年

  2. (日) 宮崎 正編:口腔外科学,医歯薬出版,第2版,2000年

  3. (日) 道 健一,他編:口腔顎顔面外科学,医歯薬出版,初版,2000年

  4. (日) 石川梧朗監修:口腔病理学,永末書店,第2版,1989年

URL 任意
連絡先 必須
  1. 宮本 洋二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    オフィスアワー 必須

    (日) 木17:00∼18:00/5F第二口腔外科・教授室

  2. 東 雅之([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    オフィスアワー 必須

    (日) 火・水・木17:00∼18:00/5F第二口腔外科・第1研究室

  3. 玉谷 哲也
    オフィスアワー 必須

    (日) 月・金17:00∼18:00/5F第二口腔外科・第1研究室

科目コード 推奨
備考 任意