徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/口腔外科学(1)C 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170766
EOID
578415
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:23:07
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Oral and Maxillofacial Surgery / (日) 口腔外科学(1)C 講義 / (読) こうくうげかがく こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 里村 一人
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  2. 藤澤 健司
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 桃田 幸弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  4. 湯淺 哲也
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  5. 工藤 景子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  6. 徳山 麗子
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  7. 長山 勝
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) 口腔外科疾患の特徴・病態について理解を深めるとともにその的確な診断法を修得する.さらに治療法(外科的療法,放射線療法,化学・薬物療法など)について学習する.単に各疾患の病態を理解するだけでなく,全身疾患とのかかわりという観点からの学習が必要である.また,解剖学的知識に立脚した診断,治療を修得する.

概要 必須

(日) 患者を診察する際の基本的知識を修得した後,各疾患についてその概念,成因,病態,治療法を理解する.具体的には,腫瘍(悪性腫瘍),再建外科,生体材料などについて理解する.

授業テーマ 必須

(日) 口腔・顎部を構成する軟部組織,硬組織およびその関連器官の疾病の診断と治療

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義型式 プリント,スライド,ビデオを適宜用いる

授業場所 必須

(日) 臨床示説室

注意 推奨

(日) 試験は全講義数2/3以上の出席を満たしている者に対して行う.

目標 必須
  1. (日) 腫瘍の定義を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-1)>

  2. (日) 腫瘍の組織発生を定義できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-2)>

  3. (日) 増殖性病変の多様性,形態及びその意義を説明できる..

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-3)>

  4. (日) 異形成,退形成及び分化を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-4)>

  5. (日) 腫瘍の異型性と多形性を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-5)>

  6. (日) 局所における腫瘍の増殖,浸潤及び転移を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-4-(6)-6)>

  7. (日) 薬物療法(原因療法,対症療法)を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)-1)>

  8. (日) 薬物作用の基本形式と分類を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)-2)>

  9. (日) 薬物の作用機序を説明できる..

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)-3)>

  10. (日) 薬物作用を規定する要因(用量と反応,感受性)を説明できる..

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)-4)>

  11. (日) 薬物の運用の影響(薬物耐性,蓄積及び薬物依存)を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)ー5)>

  12. (日) 薬物の併用(協力作用,拮抗作用,相互作用)を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(2)-6)>

  13. (日) 薬物の適用方法の種類とその特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(3)-1)>

  14. (日) 薬物動態(吸収,分布,代謝,排泄)を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(3)-2)>

  15. (日) 薬物の一般的副作用・有害作用と口腔・顎顔面領域に現れる副作用・有害作用を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-5-(4)-1)>

  16. (日) 毒薬・劇薬及び麻薬などの表示と保管を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-(1)-20)>

  17. (日) 高分子材料,セラミックス材料,金属材料及び複合材料の構造と物性を説明できる..

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <E-1-1)>

  18. (日) 生体材料の力学的,物理的,化学的及び生物学的所要性質を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <E-1-2)>

  19. (日) 生体材料と歯科材料の安全性の評価を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <E-1-3)>

  20. (日) 頭頚部の脈管系を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(2)-3)>

  21. (日) 腫瘍の診断に必要な画像検査法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-3)-10)>

  22. (日) 腫瘍に対する一般的な治療法を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-3)-11)>

  23. (日) 口腔癌の特徴,症状及び治療法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-(5)-3)-16)>

  24. (日) .

    目標のカリキュラム関連 推奨
計画 必須
  1. (日) 悪性腫瘍:肉腫

    内容 必須
    1. (日) 肉腫,悪性黒色腫,悪性リンパ腫

    担当者 必須

    (日) 桃田

    計画毎の目標 必須 1,2,3,4
    授業回数 任意 2
  2. (日) 悪性腫瘍:治療(1)

    内容 必須
    1. (日) 悪性の手術(舌部分切除術,舌半側切除術,下顎辺縁切除術,下顎区域切除術など))

    担当者 必須

    (日) 里村

    計画毎の目標 必須 4,5,6,20,21
    授業回数 任意 2
  3. (日) 悪性腫瘍:治療(2)

    内容 必須
    1. (日) 悪性の手術(上顎部分切除術,上顎半側切除術,頚部郭清術など)

    担当者 必須

    (日) 里村

    計画毎の目標 必須 4,5,6,20,21,22,23
    授業回数 任意 2
  4. (日) 悪性腫瘍:治療(化学療法)

    内容 必須
    1. (日) アルキル化剤,代謝拮抗剤,抗生物質など

    担当者 必須

    (日) 工藤

    計画毎の目標 必須 7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,20,22,23
    授業回数 任意 2
  5. (日) 悪性腫瘍:治療(免疫療法,放射線療法,その他)

    内容 必須
    1. (日) 免疫療法,外部療法,小線源療法,温熱療法,光線力学療法など

    担当者 必須

    (日) 徳山

    計画毎の目標 必須 2,3,4,5,6,22,23
    授業回数 任意 1
  6. (日) 手術各論:再建外科

    内容 必須
    1. (日) 骨・軟骨移植

    担当者 必須

    (日) 藤澤

    計画毎の目標 必須 2,3,4,5,6,22,23
    授業回数 任意 1
  7. (日) 手術各論:再建外科

    内容 必須
    1. (日) 植皮・軟組織再建

    担当者 必須

    (日) 長山

    計画毎の目標 必須 20,21,22,23
    授業回数 任意 1
  8. (日) 手術各論:再建外科

    内容 必須
    1. (日) 口腔・顔面の再建術

    担当者 必須

    (日) 里村

    計画毎の目標 必須 20,21,22,23
    授業回数 任意 1
  9. (日) 手術各論:再建外科

    内容 必須
    1. (日) インプラント手術とその適応

    担当者 必須

    (日) 藤澤

    計画毎の目標 必須 17,18,19
    授業回数 任意 1
  10. (日) 手術各論:生体材料を用いた顎骨再建

    内容 必須
    1. (日) 医用金属,高分子材料,セラミックスなど

    担当者 必須

    (日) 湯浅

    計画毎の目標 必須 17,18,19
    授業回数 任意 1
  11. (日) 再生医療:再生医療

    内容 必須
    1. (日) 再生医療の現状について

    担当者 必須

    (日) 里村

    計画毎の目標 必須 20,22,23
    授業回数 任意 1
評価 必須

(日) 評価は筆記試験により行い, 試験は4年次後期試験期間中に実施する.
100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 必須

(日) 行う

教科書 必須
  1. (日) 1)塩田重利,富田喜内監修:最新口腔外科学,医歯薬出版,第4版,1999年

  2. (日) 2)宮崎 正編:口腔外科学,医歯薬出版,第2版,2000年

  3. (日) 3)道 健一,他編:口腔顎顔面外科学,医歯薬出版,初版,2000年

  4. (日) 4)Peterson Ellis Tucker: Contemporary Oral and Maxillofacial Surgery, Mosby, Fourth Edition

  5. (日) 5)Wood Goaz:Differential Diagnosis of Oral and Maxillofacial Surgery, Mosby, Fifth Edition

URL 任意
連絡先 必須
  1. 里村 一人
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金 15:30∼17:00/4F1口外・第1研究室)

  2. 藤澤 健司
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金 16:30∼17:30/4F1口外・第1研究室)

  3. 桃田 幸弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金 16:30∼17:30/4F1口外・第1研究室)

  4. 湯淺 哲也
    オフィスアワー 必須

    (日) 月∼金 16:30∼17:30/4F1口外・第1研究室

  5. 工藤 景子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/4F1口外・第1研究室)

  6. 徳山 麗子
    オフィスアワー 必須

    (日) tokuyama@dent.tokushima-u.ac.jp/月∼金17:00~18:00/4F 1口外・第1研究室/633ー7352

科目コード 推奨
備考 任意