徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/細菌学 実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170741
EOID
578072
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 18:27:24
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Microbiology / (日) 細菌学 実習 / (読) さいきんがく じっしゅう
形態 必須
  1. 実習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 三宅 洋一郎
    肩書 任意
  2. 弘田 克彦
    肩書 任意
  3. 根本 謙
    肩書 任意
  4. 鹿山 鎭男
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 細菌学の講義で学んだ微生物学,免疫学を実際に体験することによって,理解をより深める.現在では分子生物学の分野においても微生物は頻繁に用いられているので,その取り扱いに習熟する.

概要 必須

(日) 講義で学んだ微生物学,免疫学に関する実験を行う.微生物に関してはその基本的な取り扱い方法,観察方法,分離方法,培養方法,同定方法を学ぶ.また,口腔内のう蝕や歯周病に関連する細菌を実際に分離,培養,同定などを行う.さらに微生物遺伝の基本,免疫学的手法についても学ぶ.

授業テーマ 必須

(日) 講義で得た病原微生物についての知識を体験し,理解を深める.

キーワード 推奨
  1. (日) 形態観察
  2. (日) 分離・培養
  3. (日) 細菌の同定
  4. (日) 遺伝学的手法
  5. (日) 免疫学的手法
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 実習.

授業場所 必須

(日) 第1実習室

注意 推奨

(日) 実習全回出席と全実習レポートの提出をもって,受験資格を認定する.

目標 必須
  1. (日) 微生物の観察方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  2. (日) 微生物の分離培養法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  3. (日) 微生物の同定法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  4. (日) トランスフォーメーションを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  5. (日) 抗原抗体反応を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  6. (日) 口腔細菌の分離培養,同定方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
計画 必須
  1. (日) 細菌学:細菌の観察

    内容 必須
    1. (日) 培養,染色,顕微鏡観察

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 1,2
    授業回数 任意
  2. (日) 細菌学:病原体の検出・同定

    内容 必須
    1. (日) 分離培養,生化学的試験

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 2,3
    授業回数 任意
  3. (日) 細菌学:細菌数測定

    内容 必須
    1. (日) 段階希釈法

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 3
    授業回数 任意
  4. (日) 細菌学:微生物遺伝

    内容 必須
    1. (日) トランスフォーメーション

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 4
    授業回数 任意
  5. (日) 免疫学:抗原抗体反応

    内容 必須
    1. (日) ELISA法

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5
    授業回数 任意
  6. (日) 免疫学:抗原抗体反応

    内容 必須
    1. (日) 凝集反応,沈降反応

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 5
    授業回数 任意
  7. (日) 口腔細菌学:口腔レンサ球菌

    内容 必須
    1. (日) 分離培養,生化学試験

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6
    授業回数 任意
  8. (日) 口腔細菌学:歯周病関連菌

    内容 必須
    1. (日) 嫌気培養法

    担当者 必須

    (日) 全員

    計画毎の目標 必須 6
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 実習ノートを教員がチェック,必要に応じてレポートの提出を求める.全ての実習終了後に筆記または口答による試験を行う.

再評価 必須

(日) 原則として1回行う.

教科書 必須
  1. (日) 実習書:プリントを配布する.

  2. (日) 参考書:口腔細菌アトラス(清水文彦監修,堀川高大他編,医歯薬出版)

  3. (日) 参考書:細菌学実習提要(東京大学医科学研究所学友会,丸善)

URL 任意
連絡先 必須
  1. 三宅 洋一郎
    オフィスアワー 必須

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  2. 弘田 克彦
    オフィスアワー 必須

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  3. 根本 謙
    オフィスアワー 必須

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  4. 鹿山 鎭男
    オフィスアワー 必須

    (日) 月∼金17:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意