徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/基礎看護学実習Ⅱ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170416
EOID
720498
Map
0
LastModified
2014年1月17日(金) 16:43:29
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Clinical Practice in Fundamental Nursing 2 / (日) 基礎看護学実習Ⅱ / (読) きそかんごがくじっしゅう
題目 任意
形態 不用
  1. 実習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 川西 千恵美
    肩書 任意
  2. 關戸 啓子
    肩書 任意
  3. 岩佐 幸恵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.看護教育学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    肩書 任意
  4. 安原 由子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  5. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
  6. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    肩書 任意
  7. 今井 芳枝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.ストレス緩和ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
  8. 板東 孝枝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
  9. 橋本 浩子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.子どもの保健・看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.母性·小児看護学講座])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 看護援助の基盤となる「感じ,考えること」,「対象者を大切にすること」をねらいとしています.1.受け持ち患者の全体像を理解する.2.看護援助の観点から受け持ち患者の基本的ニードを把握し,満たすための日常的援助を実施する.3.援助を行うに際して患者の潜在的・顕在的な力を見出し,その力を生かすように努める.4.受け持ち患者との間で,相互的な尊重・信頼を基盤とする援助的人間関係を築くように努力する.

概要 必須

(日) ひとりの患者を受け持ち,その人の理解に努める.さらに,主に日常生活面での必要な看護援助を自分で考え,実習指導者や教員の指導を受け,あるいは協力のもとに実施する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 患者を発達的・歴史的観点から理解する.

  2. (日) 患者を取り巻く患者・ソーシャルサポートを知る.

  3. (日) 基本的ニードの充足度をアセスメントとする.

  4. (日) 患者が自分だけでは満たせないニード,援助が必要なニードを見出す.

  5. (日) 患者が持っている力,健全な側面(身体的・精神的)に着目し,アセスメントを進める.

  6. (日) 看護援助の中で患者の意向や希望にできるだけ添うように工夫する.

  7. (日) 患者に感心を持って関わる.

  8. (日) コミュニケーション技術を高める.

計画 必須
  1. (日) 実習1日目:「オリエンテーション」:実習方法,実習記録,実習態度等について説明を受け,効果的に実習できるように準備を行う.

  2. (日) 実習2∼9日目:「臨地実習」

  3. (日) 実習10日目:実習まとめ:学内合同カンファレンス

評価 必須

(日) 基礎看護学実習Ⅱ実習評価表(実習要項内に明示)の項目に従い,実習目標への到達度,実習態度,実習への取り組み方,実習記録等によって,総合的に評価する. 実習内容(60点),実習記録(20点),実習レポート(20点) *期限までに未提出の実習記録およびレポートがある場合は単位認定を行わない.また,欠席・遅刻は減点の対象とする.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 実習要項を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川西 千恵美
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィスアワー:毎週水曜日,金曜日18:00∼19:00

科目コード 推奨
備考 任意