徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/臨床心理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
170408
EOID
572118
Map
0
LastModified
2011年4月6日(水) 21:23:10
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉永 哲哉
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全専攻系共通カリキュラム科目 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Clinical Psychology / (日) 臨床心理学 / (読) りんしょうしんりがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.医科学教育部.医科学専攻]/[修士課程]
  2. 2008/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻]/[博士課程]
  3. 2008/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程]
  4. 2008/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程]
  5. 2008/[創薬科学専攻]/[博士前期課程]
  6. 2008/[医療生命薬学専攻]/医療薬学コース/[博士前期課程]
  7. 2008/[医療生命薬学専攻]/生命薬学コース/[博士前期課程]
  8. 2008/[創薬科学専攻]/[博士後期課程]
  9. 2008/[医療生命薬学専攻]/[博士後期課程]
  10. 2008/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士前期課程]
  11. 2008/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士後期課程]
  12. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]
  13. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士前期課程]
  14. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士前期課程]
  15. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]
  16. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]
  17. 2008/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 佐藤 健二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    肩書 任意
  2. 三留 雅人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 臨床心理学,とりわけエビデンスベイストな臨床心理学の基礎の習得

概要 必須

(日) 心と身体は密接につながっている.したがって,「心の問題」の理解と予測·制御を扱う臨床心理学の基礎の習得は,精神医学·心身医学領域のみならず,あらゆる医学領域において重要であろう.本講義では,まず臨床心理学の定義,対象,方法(代表的な心理検査,心理療法),心身相関の様態,次いで,有効性·科学性という点で,臨床心理学の世界的趨勢となりつつある,エビデンスベイストな臨床心理学の代表,認知行動療法の理論と実際を概説する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) e-learning対応.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 臨床心理学の対象:さまざまな心の問題を知る

    担当者 推奨
  2. (日) 臨床心理学の測定方法:パーソナリティや精神症状の測定法を知る

    担当者 推奨
  3. (日) 臨床心理学の治療法(1):無意識とその活用法を知る

    担当者 推奨
  4. (日) 臨床心理学の治療法(2):カウンセリングの基本を知る

    担当者 推奨
  5. (日) 心身相関論:心と身体の関係,そのマネジメント法を知る

    担当者 推奨
  6. (日) 行動理論と行動療法(1):レスポンデント条件付けと恐怖症に対するその応用法を知る

    担当者 推奨
  7. (日) 行動理論と行動療法(2):オペラント条件付けと発達障害に対するその応用法を知る

    担当者 推奨
  8. (日) 行動理論と行動療法(3):強迫性障害の行動療法の実際を知る

    担当者 推奨
  9. (日) 認知モデル:抑うつの認知モデルを知る

    担当者 推奨
  10. (日) 認知療法:抑うつ·不安を認知療法で治療する方法を知る

    担当者 推奨
  11. (日) 認知行動療法概説:認知行動療法の概要を知る

    担当者 推奨
  12. (日) 認知行動療法の実際(1):広場恐怖を伴うパニック障害への認知行動療法を知る

    担当者 推奨
  13. (日) 認知行動療法の実際(2)PTSDに対する認知行動療法を知る

    担当者 推奨
  14. (日) 心身症の認知行動療法:摂食障害等に対する認知行動療法を知る

    担当者 推奨
  15. (日) 歯科心身症:歯科心身症に対する行動療法を知る

    担当者 推奨
評価 必須

(日) 受験資格(三分の二以上の出席など)を満たした者のみを対象としたレポート.受講態度が悪い者(私語が多いなど)も受験資格無し.(再試験)無し

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 授業時に適宜,紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 三留 雅人
    オフィスアワー 任意

    (日) 三留:水曜日の12:00∼13:00(e-mail により調整可能)

科目コード 推奨
備考 任意