徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [池原 敏孝]/[朴 基豪]/[芳地 一]/[山口 久雄]/[細川 敬子]/Shono masayuki/Minakuchi Kazuo/Tamaki Toshiaki/[木内 陽介]/[吉﨑 和男]/[宮本 博司]/Effects of a Time-varying Strong Magnetic Field on Transient Increase in Cytosolic Free Ca2+ Induced by Bradykinin in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells/[FEBS Letters]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
16934
EOID
847051
Map
0
LastModified
2017年2月8日(水) 14:31:18
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座
  2. 徳島大学.医学部
著者 必須
  1. 池原 敏孝([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 朴 基豪(University of Medicine and Dentistry of New Jersey)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 芳地 一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 山口 久雄([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 細川 敬子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Shono masayuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Minakuchi Kazuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Tamaki Toshiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 木内 陽介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 吉﨑 和男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 宮本 博司([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of a Time-varying Strong Magnetic Field on Transient Increase in Cytosolic Free Ca2+ Induced by Bradykinin in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells

副題 任意
要約 任意

(英) We tested the effects of exposure to a time-varying magnetic field changing between 0.07 and 1.7 T at an interval of 3 s on transient increase in intracellular Ca2+ stimulated by bradykinin in bovine adrenal chromaffin cells. Addition of bradykinin induced the increase in intracellular Ca2+ within a few minutes. The exposure to the magnetic field perfectly suppressed the increase in intracellular Ca2+ in Ca2+-free medium. The inhibition occurred for 15 min when the maximum magnetic flux density was more than 1.4 T. These results suggest that the exposure inhibits Ca2+ release from intracellular Ca2+ stores.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Bradykinin
  3. カルシウム(calcium)
  4. (英) Cattle
  5. (英) Chromaffin Cells
  6. (英) Electromagnetic Fields
  7. シグナル伝達(signal transduction)
  8. (英) Time Factors
発行所 推奨
誌名 必須 FEBS Letters([Federation of European Biochemical Societies])
(pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
ISSN 任意 0014-5793
ISSN: 0014-5793 (pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
Title: FEBS letters
Title(ISO): FEBS Lett
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 435
必須 2-3
必須 229 232
都市 任意
年月日 必須 1998年 9月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/S0014-5793(98)01078-3    (→Scopusで検索)
PMID 任意 9762915    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000076138100022
Scopus 任意 2-s2.0-18244413305
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't