徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/水工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
169155
EOID
391100
Map
[2007/水工学]
LastModified
2008年1月17日(木) 19:16:42
Operator
田村 隆雄
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Hydraulic Engineering / (日) 水工学 / (読) すいこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 岡部 健士
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 田村 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(英) To study the pipe and channel flows of viscous fluid

(日) 実在流体を対象とし,主として管水路および開水路の水理について習得させる.

概要 必須

(英) To give a lecture on the fundamentals of the pipe and channel flows as a basis of the planning and design of rivers, coastal areas, ports, and water and sewerage systems.

(日) 河川,海岸,港湾,上下水道の計画·設計の基礎となる水の力学のうち,管水路および開水路の水理に関する基本事項を講義する.

キーワード 推奨
  1. (日) 層流と乱流
  2. (日) 管水路
  3. (日) 開水路の等流
  4. (日) 開水路の不等流
先行科目 推奨
  1. 基礎の流れ学([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/基礎の流れ学])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 河川工学([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/河川工学])
    関連度 任意 1.000000
  2. 沿岸域工学([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/沿岸域工学])
    関連度 任意 1.000000
  3. 森林の水環境([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/森林の水環境])
    関連度 任意 0.800000
要件 任意

(日) なし

注意 任意

(日) 基礎の流れ学を受講したことを前提として講義を行う.

目標 必須
  1. (日) 管水路の摩擦損失と局所損失を理解し,単線·分岐·合流管路の流れに関する計算ができる.

  2. (日) 開水路流れの基本的性質とともに水面形の概形の予測法や不等流計算法の基礎を理解している.

計画 必須
  1. (日) 壁面の摩擦力,層流の流速分布

  2. (日) 乱流の流速分布

  3. (日) 管水路の摩擦損失水頭

  4. (日) 管水路の平均流速公式,形状損失係数

  5. (日) 単線管水路

  6. (日) 分流·合流管路

  7. (日) ポンプと水車

  8. (日) 中間総括と中間試験

  9. (日) 常流と射流

  10. (日) 局所的な水面形

  11. (日) 跳水現象

  12. (日) 開水路等流の特性

  13. (日) 開水路の不等流の基礎式

  14. (日) 不等流の水面形状の分類

  15. (日) 不等流の水面形計算法

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 到達目標1の達成度を,中間試験で算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.到達目標2の達成度を,期末試験で算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.すべての到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1と2の評点の重みをそれぞれ50%として算出する.

JABEE合格 不用

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 不用

(日) 本学科の教育目標の3(2) に100%対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 日下部重幸·壇和秀·湯城豊勝著:水理学,コロナ社

参考資料 推奨
  1. (日) 鈴木幸一著:水理学演習,森北出版

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/N0032
連絡先 推奨
  1. 岡部 健士
    オフィスアワー 任意
  2. 田村 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です