徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/細胞生物学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
169124
EOID
396853
Map
[2008/細胞生物学]
LastModified
2008年2月12日(火) 15:43:37
Operator
安澤 幹人
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Cell Biology / (日) 細胞生物学 / (読) さいぼうせいぶつがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 長宗 秀明
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 生命活動の基本単位である細胞の特性について知識を深め,その構造と機能について理解する.また細胞の培養技術についての基礎的知識を修得する.

概要 必須

(日) 真核生物や原核生物の細胞構造について,その構造や機能を分子レベルで講述する.また有用物質の大量生産や細胞医薬品として用いられる細胞の培養技術についての理解も図る.さらに細胞を利用する際の生命倫理的な側面についても討議する.

キーワード 推奨
  1. 細胞(cell)
  2. 細胞培養(cell culture)
先行科目 推奨
  1. 生化学1([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/生化学1])
    必要度 任意 1.000000
  2. 生化学2([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/生化学2])
    必要度 任意 1.000000
  3. 酵素化学([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/酵素化学])
    必要度 任意 0.500000
関連科目 推奨
  1. 微生物工学([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/微生物工学])
    関連度 任意 0.500000
  2. 分子生物学([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/分子生物学])
    関連度 任意 0.500000
  3. 細胞工学([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/細胞工学])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 本科目受講は生化学1及び2,酵素化学の単位取得を前提とする.

注意 任意

(日) 配布資料や参考書を使って毎回の予習と復習を行うこと.講義資料には英文記述が多く含まれる.従って講義内容を理解する必要上,専門的な英語単語の修得に努めること.

目標 必須
  1. (日) 細胞の構造や機能,細胞増殖に必須な要件,細胞の培養技術について理解を深める.

  2. (日) 物質生産や医療への細胞利用に関する理解とその倫理的問題点の理解を深める.

計画 必須
  1. (日) 細胞の構造1:細胞膜,染色体,核,リボソーム等

  2. (日) 細胞の構造2:ミトコンドリア,葉緑体,リソソーム,細胞骨格等

  3. (日) 真核細胞の増殖(細胞周期)

  4. (日) 細胞培養技術の基礎1 (培養用器具・機器及び無菌操作)

  5. (日) 細胞培養技術の基礎2(培地,血清,細胞増殖因子)

  6. (日) 細胞培養技術の基礎3 (バッチ培養法と連続培養法)

  7. (日) 細胞株の樹立・維持・改変,及び中間試験(到達目標1の評価)

  8. (日) 細胞の工学・医学的利用:抗体産生工学1(免疫学の基礎知識)

  9. (日) 細胞の工学・医学的利用:抗体産生工学2モノクローナル抗体作成法)

  10. (日) 細胞の工学・医学的利用:抗体産生工学3(組換え抗体の作製法と応用)

  11. (日) 細胞生物学的観察手法(測定機器や原理等)

  12. (日) 遺伝子マッピング法,遺伝子診断法

  13. (日) 培養細胞系を用いた化学物質の安全性試験法

  14. (日) 細胞医薬品や遺伝子治療への応用,人工組織やクローン技術の概論

  15. (日) グループ討論:細胞生物学の工学的応用とその倫理的問題について

  16. (日) 期末試験 (到達目標2の評価)

評価 必須

(日) 到達目標1の到達度は中間試験(100%)で,到達目標2は定期試験(100%)で評価する.2項目とも到達度60%以上かつ出席率80%以上を合格とする.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 配布するプリントを教材として使用する.

参考資料 推奨
  1. (日) Lodishら著「分子細胞生物学(第5版)」(東京化学同人)など.

  2. (日) さらに必要に応じて講義中に紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 長宗 秀明
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です