徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/電気回路及び演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168792
EOID
392261
Map
[2007/電気回路及び演習]
LastModified
2008年1月22日(火) 19:55:59
Operator
上田 哲史
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Lecture and Exercise in Electric Circuits / (日) 電気回路及び演習 / (読) でんきかいろおよびえんしゅう
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    肩書 任意
単位 必須 3
目的 必須

(日) コンピュータや通信ネットワークなどの情報システムを扱う情報技術者や研究者に必要な電気回路の基礎を,講義,演習·レポート,部分テストを通して修得させる.

概要 必須

(日) 情報処理技術者として修得すべき電気回路理論の基礎について学ぶ.数理モデルとしての回路トポロジーの重要性,フェザー法の原理とインピーダンスの概念,周期的な信号源の印可とその応答に関する力学的価値観を養う.また,端子対による回路のパラメタ表現,その組合せや解析法について理解し,物理対象の系統的取り扱い方法を学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 基礎数学/線形代数学I([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  2. 基礎数学/線形代数学II([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  3. 基礎数学/微分積分学I([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  4. 基礎数学/微分積分学II([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  5. コンピュータ入門1([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/コンピュータ入門1])
    必要度 任意
  6. コンピュータ入門2([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/コンピュータ入門2])
    必要度 任意
  7. 電磁気学([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電磁気学])
    必要度 任意
  8. 電磁気学演習([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電磁気学演習])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 線形システム解析([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/線形システム解析])
    関連度 任意 0.300000
  2. 電子回路([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電子回路])
    関連度 任意 0.400000
  3. システム設計及び実験([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/システム設計及び実験])
    関連度 任意 0.500000
  4. 情報計測工学([2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/情報計測工学])
    関連度 任意 0.300000
要件 任意

(日) 線形代数学I, II,微分積分学I, II (全学共通, 基礎数学) コンピュータ入門1・2,および, 電磁気学,電磁気学演習の履修を前提とする.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 物理システムとして動作する電気回路と,抽象化された数理モデルとしての電気回路の両側面をバランス良く理解

  2. (日) 設計や解析への糸口を見逃さない観察力・洞察力を養う.

計画 必須
  1. (日) 基礎的なことがら・演習

  2. (日) キルヒホフの法則と回路解析初歩・演習

  3. (日) 正弦波定常解析

  4. (日) 交流共振回路・演習

  5. (日) 線形回路の諸定理・演習

  6. (日) ブリッジ・演習

  7. (日) マッチング・演習

  8. (日) 節点解析

  9. (日) 網目解析

  10. (日) 相互結合回路・演習

  11. (日) 制御電源・演習

  12. (日) Y行列とZ行列・演習

  13. (日) ハイブリッド行列と四端子行列・演習

  14. (日) 回路の周波数特性I・演習

  15. (日) 回路の周波数特性II・演習

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 定期試験(80%)およびレポート(20%)の結果にもとづいて成績を評価する.なお,演習科目のため,無断欠席は減点の対象とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 小澤孝夫 著「電気回路を理解する」 昭晃堂

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜用意する

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    オフィスアワー 任意

    (英) Wednesday afternoon

    (日) 水曜日午後

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 高校物理および要件としてあげた科目の習得を前提として講義を進めるので,各自がこれらの科目を十分復習することが重要.また,レポート課題は計算機を用いる場合があるのでC言語やグラフ作成ソフトが使いこなせるようにしておくこと.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です