徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/生物工学演習2

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168716
EOID
388877
Map
[2007/生物工学演習2]
LastModified
2008年1月9日(水) 12:24:12
Operator
湯浅 恵造
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Exercise of Biological Science and Technology 2 / (日) 生物工学演習2 / (読) せいぶつこうがくえんしゅう
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 辻 明彦
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 長浜 正巳
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  3. 湯浅 恵造
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 1
目的 必須

(日) 創薬の分子標的のほとんどが膜受容体および酵素をはじめとしたタンパク質である.生化学および細胞生物学の講義で学習した知識を基に,実際に用いられている医薬品の標的タンパク質を調査することによりタンパク質の機能について理解を深める.

概要 必須

(日) 各自で医薬品の標的タンパク質について選択し,その構造および機能とともに疾病との関わりについて参考書などを用いて調査を行い,その結果についてパワーポイントを用いてプレゼンテーションを行う.

キーワード 推奨
  1. (日) 医薬品
  2. (日) 標的タンパク質
  3. (日) 発症メカニズム
先行科目 推奨
  1. 生化学1([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学1])
    必要度 任意 1.000000
  2. 生化学2([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学2])
    必要度 任意 1.000000
  3. 生化学3([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学3])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 生化学1([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学1])
    関連度 任意 1.000000
  2. 生化学2([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学2])
    関連度 任意 1.000000
  3. 生化学3([2008/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/生化学3])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 生化学1,2,3を受講していること.

注意 任意

(日) 基本的にグループ単位で行うが,各自でレポートを作成する.プレゼンテーションにはパワーポイントを用いるためできる限り準備しておくこと.

目標 必須
  1. (日) 自発的にテーマを選択し,そのテーマについて調査·報告をする能力を習得する(授業計画1-8による)

  2. (日) 生化学および細胞生物学の基礎的知識を深める(授業計画1-8による)

計画 必須
  1. (日) 医薬品の標的分子の検索

  2. (日) 疾病および発症メカニズムの調査1

  3. (日) 疾病および発症メカニズムの調査2

  4. (日) 標的タンパクの構造および機能の調査1

  5. (日) 標的タンパクの構造および機能の調査2

  6. (日) プレゼンテーション用資料およびレポートの作成1

  7. (日) プレゼンテーション用資料およびレポートの作成2

  8. (日) 期末試験(プレゼンテーション)(到達目標全ての一部評価)

評価 必須

(日) 出席率80%以上で,到達目標2項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は目標1,2ともにレポート(50%)及び期末試験(50%)で評価する(出席点は加えない).

JABEE合格 任意

(日) 成績評価と同じ.

JABEE関連 任意

(日) 本学科教育目標(B),(C)に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 特になし.

参考資料 推奨
  1. (日) プリントを配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 湯浅 恵造
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 原則として再試験は実施しない.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です