徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/エコシステム工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168486
EOID
390110
Map
[2008/エコシステム工学]
LastModified
2008年1月15日(火) 21:23:06
Operator
三好 康夫
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Ecosystem Engineering / (日) エコシステム工学 / (読) エコシステムこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 木戸口 善行([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
    肩書 任意
  2. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
    肩書 任意
  3. 近藤 光男
    肩書 任意
  4. 橋本 修一
    肩書 任意
  5. 藤澤 正一郎
    肩書 任意
  6. 廣瀬 義伸
    肩書 任意
  7. 松尾 繁樹
    肩書 任意
  8. 八房 智顯
    肩書 任意
  9. 山中 亮一([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    肩書 任意
  10. 富田 卓朗([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 自然環境と社会環境の調和を目指す工学者に必要,かつ有効な多様な考え方,技術,つまりエコシステム工学の理念と実際について理解する.

概要 必須

(英) 10

キーワード 推奨
  1. 環境工学(environmental engineering)
  2. エコシステム工学(ecosystem engineering)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特に無し

注意 任意

(日) 特に無し

目標 必須
  1. (日) 1.技術者が人間社会の発展と自然環境の保全に果すべき役割と責任を理解している.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス,概要説明,レポート1

  2. (日) ひとにやさしいまちづくり(1),レポート2

  3. (日) ひとにやさしいまちづくり(2),レポート3

  4. (日) 障害者の社会参加を支える工学技術,レポート4

  5. (日) エネルギーの高効率利用と大気環境の保全,レポート5

  6. (日) 大気環境問題とクルマ,レポート6

  7. (日) 環境保全のための省エネルギー,レポート7

  8. (日) うるおいある地域づくりと交通システム,レポート8

  9. (日) 環境負荷計測のための空間情報の活用,レポート9

  10. (日) 省エネルギーと建築,レポート10

  11. (日) 沿岸域の環境問題と数値シミュレーション,レポート11

  12. (日) 生態系工学による自然環境修復の取組み,レポート12

  13. (日) エコシステムと光化学,レポート13

  14. (日) 20世紀の科学者と技術倫理,レポート14

  15. (日) 地球温暖化と光科学,レポート15

評価 必須

(日) 到達目標1の達成度はレポートの評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.到達目標1をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1の評点の重みを100%として算出する.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一とする.

JABEE関連 任意

(日) .

対象学生 任意

(日) 他学科,他学部学生も履修可能.受講者数が多い場合には受講を制限する場合もあるので,初回の授業(ガイダンス)には必ず出席すること.

教科書 必須
  1. (日) 講義時にプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 環境白書

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 松尾 繁樹
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です