徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/物質科学基礎実験II

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168262
EOID
575191
Map
0
LastModified
2011年4月8日(金) 15:47:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (日) 物質科学基礎実験II / (読) ぶっしつかがくきそじっけん
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 小山 晋之
    肩書 任意
  2. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    肩書 任意
  3. 菅原 仁
    肩書 任意
  4. 真岸 孝一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 物質科学基礎実験Iを履修し,ある程度物理実験の進め方がわかってきた学生を対象とする.測定に際して,先入観を排し常に謙虚な気持ちで自然に対する態度が必要であること,測定はやりっぱなしではいけなくて結果についての十分な考察が欠かせないことなどを学んだはずである. 物質科学基礎実験IIでは,現代物理学により近いテーマも入ってくる.Iと同じレベルのテーマであっても,他の科目等でこれまでに学んだことを基礎にして,さらに質的に高い実験を行う. また,どのような実験をして,どういう考察をしたのかということを他人に報告することは大切である.より良いレポートを書くにはどうしたらよいかということをこの実験を通して学んでいく.最後の実験はレポートにまとめるとともに,全員の前で発表する機会を設ける.

概要 必須

(日) 最初の数回は,測定データをコンピュータにより取り扱う方法を学ぶ.測定データをグラフに表し,最小自乗法を行うという実験に欠かせない作業を効率的に行い,より深く物理現象を考えていけるようにする. 以後,原則として2人一組で力学,熱,波,電磁気,原子物理,物性の中からある程度専門性の高いテーマについて6回程度実験を行う.

キーワード 推奨
  1. (日) ぶつり
先行科目 推奨
  1. 物質科学基礎実験I([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 物質科学実験I([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.500000
  2. 物質科学実験II([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.500000
注意 任意

(日) 物質科学基礎実験Iが既修であることを原則とする.全回出席し,全てのレポートを提出しなければならない.止むを得ず欠席したときは,空いている時間に実験を行うこと.

目標 必須
  1. (日) 実験を正しく行い,解析を正しく行うことができる.行った実験をレポートにまとめることができる.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) グラフソフトの使い方1

  3. (日) グラフソフトの使い方2

  4. (日) 実験の解説

  5. (日) 実験1

  6. (日) 面接試験1

  7. (日) 実験2

  8. (日) 実験3

  9. (日) 実験4

  10. (日) 実験5

  11. (日) 面接試験2

  12. (日) 実験6

  13. (日) 面接試験3

  14. (日) 発表会準備

  15. (日) 発表会

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 提出されたレポートの評価および,個別面接時の実験ノートのチェック,実験テーマの理解度,実験の正確さの評価を併せて評価する.

再評価 必須

(日) 原則として行わない.

対象学生 不用 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 「基礎物理学実験テキスト」総合科学部物理学教室編(徳島大学生協)

参考資料 推奨
URL 任意 http://physics.ias.tokushima-u.ac.jp/butsuri/
連絡先 推奨
  1. 小山 晋之
    オフィスアワー 任意

    (日) 第1回目の授業で知らせる.

  2. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    オフィスアワー 任意

    (日) 第1回目の授業で知らせる.

  3. 菅原 仁
    オフィスアワー 任意

    (日) 第1回目の授業で知らせる.

  4. 真岸 孝一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 第1回目の授業で知らせる.

科目コード 推奨
備考 任意