徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/産業経済論I

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168055
EOID
577480
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 03:30:38
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (日) 産業経済論I / (読) さんぎょうけいざいろん
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 矢野 剛
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 経済原論I ·II のミクロ経済学講義の後を受けて,近年発展が著しい企業行動とその社会的帰結についてのミクロ経済学分析を講義する. 完全競争モデルから新しい産業組織論までの橋渡しをすることが目的である.

概要 必須

(日) 応用ミクロ経済学

キーワード 推奨
  1. (日) ミクロ経済学
  2. (日) 企業行動
  3. (日) 産業経済論
  4. (日) 戦略的行動
  5. (日) 情報の非対称性
先行科目 推奨
  1. 経済原論I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.300000
  2. 経済原論II([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.300000
  3. 金融論I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.200000
関連科目 推奨
  1. 経済原論I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  2. 経済原論II([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  3. 金融論I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.500000
注意 任意

(日) 本講義は経済原論I·II(ミクロ経済学)と内容的に深い関連をもっており, 経済原論I ·II を既に履修しているか同時に履修することが望ましい. また授業理解のために必要と思われる,トピックスについては,経済原論I·IIの内容を一部復習することもある.

目標 必須
  1. (日) 学部レベルミクロ経済学の標準的な理解と活用ができること

計画 必須
  1. (日) <前期>完全競争からの逸脱

  2. (日) 0. 最低限必要な数学の復習

  3. (日) 1. 経済学の基本構想-生産技術条件·主体的均衡·社会的均衡

  4. (日) 2. 生産技術条件

  5. (日) 3. 完全競争の主体的均衡と社会的均衡

  6. (日) 4. 独占の主体的均衡と社会的均衡

  7. (日) 5. ゲーム論の基礎

  8. (日) 残りのトピックスは<後期>へ

評価 必須

(日) 基本的に期末テストの成績によるが,経験上授業に最後までついて,こられるどうかが実質的な合否のポイントになっているようである.

再評価 必須

(日) 病気等のやむを得ない事情の場合は実施する.

対象学生 不用

(日) 学部3·4年生

教科書 必須
  1. (日) 教科書長岡貞男·平尾由紀子著『産業組織の経済学』日本評論社

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜練習問題を含むレジュメを配布します.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 矢野 剛
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎回,授業の最後10分間ほどを個人質問の時間に充当し, 受講生の消化不良を防ぐ対策とする予定である.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) この産業経済論Ⅰは,後期の産業経済論Ⅱと一体性が強いので,産業経済論Ⅱも併せて受講して欲しい.