徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/日本経済史Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168050
EOID
496690
Map
0
LastModified
2009年12月27日(日) 15:29:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Economic History of JAPAN / (日) 日本経済史Ⅰ / (読) にほんけいざいし
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]
  2. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 中嶋 信
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日本経済の実像に正しく迫るには,その構造が形成された経過に即して捉える方法が有効である.また将来のあるべき姿を描く上でも,獲得された地点と埋められるべき課題を歴史的に解明する方法が通常採用されている.このように日本経済を歴史的に分析する作業は,優れて現代的関心に基づいている.歴史的転換点に位置する日本経済の針路を探る素材を提供する.

概要 必須

(日) 戦後日本経済の推移を画期ごとに考察し,その構造と特質を明らかにする.

キーワード 推奨
  1. 日本経済(Japanese economy)
  2. 歴史(history)
  3. 経済成長(economic growth)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 日本経済史Ⅱ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 専用ファイルを準備し,レジュメ·ノート·関連資料などをまとめて私的なテキストを作成すること.

目標 必須
  1. (日) 第2次世界大戦期以降の日本経済の発展段階とその背景を理解する.

  2. (日) 今日の日本経済の構造的特質を理解し,改革課題を理解する.

計画 必須
  1. (日) 戦後日本資本主義の諸段階

  2. (日) 占領体制と「戦後民主化」

  3. (日) 冷戦構造と日本の選択

  4. (日) 講和と日本経済の再編成

  5. (日) 「55年体制」と経済成長

  6. (日) 高度経済成長のシステム

  7. (日) 産業と階級構成の変動

  8. (日) 国民生活様式の変貌

  9. (日) 成長方式の破綻と構造不況

  10. (日) 構造不況と財政危機

  11. (日) 世界資本主義の動揺と調整

  12. (日) 国際協調と構造転換政策

  13. (日) 日本経済のグローバル化

  14. (日) 日本資本主義の進路の選択

  15. (日) 戦後日本経済の構造と段階

  16. (日) 総括:日本資本主義の戦前と戦後

評価 必須

(日) 前期は日本経済史I,後期は日本経済史IIで,分割履修ができる.それぞれ,中間リポートと期末筆記試験で単位を認定する.出席状況による成績の補正があり得る.

再評価 必須

(日) 行わない

教科書 必須
  1. (日) 教科書は用いず,レジュメに即して進行する.参考書等を適宜紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 中嶋 信
    オフィスアワー 任意

    (日) (前後期) 水曜日 13時∼18時 金曜日 8時30分∼12時

科目コード 推奨
備考 任意