徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/経済法II

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
168030
EOID
576077
Map
0
LastModified
2011年4月8日(金) 19:53:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (日) 経済法II / (読) けいざいほう
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 泉 克幸
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 経済法とは一定の経済政策に関する法全体を指す.経済法Ⅱでは,様々な領域を対象とする経済法のうち,知的財産法を概説する(なお,経済法Ⅰの履修または単位取得は要件ではない).知的財産法とは,人間の知的活動の成果であって財産的価値を有する知的財産(具体的には技術や情報,音響,画像,コンピュータ·ソフトウェア,デザイン,ブランド等)に関する法の総称である.知的財産に関する議論は,わが国における産業政策·経済政策の柱の1つとして取り上げられていること,米国が近年,強化政策を採っていること,莫大な経済的利益に直結すること,情報化·マルチメディア化·ネットワーク化の進展に大きな影響があることなどを背景とし,現在最も重要視されている分野であるといえる.授業では知的財産法の体系を順に説明するだけでなく,最近のトピックスも出来る限り取り上げたい.法律の専門的知識は必ずしも求めないが,政治·経済·社会上の動きを知るため,新聞やニュース等に対して敏感な姿勢を望む.

概要 必須

(日) 知的財産法の基本的理解

キーワード 推奨
  1. 知的財産法(intellectual property law)
  2. 著作権(copyright)
  3. 特許(patent)
  4. 商標(trademark)
  5. 経済法(economic law)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 経済法I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 民法I([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  3. 民法II([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 以下のような体系をもつ知的財産法を概説する.

  2. (日) 1.産業財産権法

  3. (日) 1)知的創作物に関するもの⋯⋯特許権,実用新案権,半導体の回路配置権,植物の新品種

  4. (日) に関する権利,意匠権,ノウハウ(企業秘密)

  5. (日) 2)営業標識に関するもの⋯⋯商標権,商号権,サービス·マーク,原産地表示

  6. (日) 2.著作権

  7. (日) 1)著作者の権利⋯⋯著作財産権(複製権など),著作者人格権

  8. (日) 2)著作隣接権(レコード業者,放送業者,歌手·演奏家等の権利)

  9. (日) 3.その他

  10. (日) 独禁法との関係,ライセンス,国際的動向など

評価 必須

(日) 基本的には期末試験による.その他,小テストや質問の有無等を成績評価に加味するかもしれない.

再評価 必須

(日) 行なわない.

教科書 必須
  1. (日) 教科書については未定である.参考書として,著作権と特許について,1点ずつ挙げておく.·吉田大輔『著作権が明解になる10章』(出版ニュース社)·竹田和彦『特許がわかる12章』(ダイヤモンド社)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 泉 克幸
    オフィスアワー 任意

    (日) 後期:水曜16時10分から17時10分

科目コード 推奨
備考 任意